〈「八咫烏シリーズ」最新刊『楽園の烏』、文庫最新刊『烏百花 蛍の章』発売〉キャラクターAR(拡張現実)企画など各種キャンペーンを実施

PR TIMES / 2020年9月1日 20時15分



各位

[画像1: https://prtimes.jp/i/43732/36/resize/d43732-36-218416-1.jpg ]


 株式会社文藝春秋(本社:東京都千代田区紀尾井町 社長:中部嘉人)は、阿部智里さんの累計150万部の人気異世界ファンタジー「八咫烏シリーズ」の最新刊、『楽園の烏』を9月3日 (電子書籍も同時発売)、シリーズ7冊目となる文庫版『烏百花 蛍の章』を9月2日に発売いたします。
 第2部の始動となる『楽園の烏』刊行に際して、イラストレーターの登竜門としても知られる「ボローニャ国際絵本原画展」に入選した新進気鋭のイラストレーター・名司生さんが担当、既刊文庫6冊も、新カバーで出庫しています。
 また新刊発売にあわせて、「八咫烏シリーズ」書籍未収録の書き下ろし短篇が読める購入者限定特典や、キャラクターと遊べるAR(拡張現実)アプリなど各種キャンペーンを実施いたします。


[画像2: https://prtimes.jp/i/43732/36/resize/d43732-36-545896-2.jpg ]


1)『楽園の烏』、文庫版『烏百花 蛍の章』両方を購入された方は、それぞれの帯にあるQRコードとパスワードで特別書き下ろし短篇「かれのおとない」がお読みいただけます。



2)公式サイトからAR(拡張現実)アプリをスマートフォンにダウンロードし、『楽園の烏』のカバーをスキャンすると、人気キャラクター〈雪哉〉が出現し、写真を撮ることが可能になり、「八咫烏シリーズ」の世界観を体験することができます。
また、撮影した写真を、Twitterに投稿すると、抽選で100名に「特製ポストカード」が当たる 「#雪哉といっしょ」キャンペーンも実施いたします。

3)電子書籍では、『八咫烏シリーズファンブック』『羽の生えた想像力
阿部智里BOOK』を9月3日より配信。
[画像3: https://prtimes.jp/i/43732/36/resize/d43732-36-963978-8.jpg ]

『八咫烏シリーズファンブック』は、読者と阿部さんによる一問一答集やキャラ相関図を収録した、シリーズをより楽しむための副読本となっています。

4)9月26日、27日には、〈三省堂書店有楽町店〉での『楽園の烏』購入者を対象にした「文藝春秋『楽園の烏』刊行記念 ネタばれ上等!「楽園の烏」の舞台裏を語りつくすトークライブ」を開催いたします。
(お問い合わせ先・三省堂書店有楽町店:03-5222-1200)
詳細はイベント特設ページ  https://www.books-sanseido.co.jp/events/1203232

5)10月6日発売の『ダ・ヴィンチ』11月号(KADOKAWA)では、特別対談やシリーズ紹介など「八咫烏シリーズ」の特集が予定されています。

 詳細は八咫烏シリーズ公式サイト( https://books.bunshun.jp/sp/karasu)、または、公式Twitterアカウント「八咫烏の壺」@yatagarasu_abcで、随時お知らせしています。



[画像4: https://prtimes.jp/i/43732/36/resize/d43732-36-207143-9.jpg ]

著者 プロフィール
阿部智里(あべ ちさと)
1991年、群馬県生まれ。早稲田大学文化構想学部在学中の2012年、『烏に単は似合わない』で松本清張賞を史上最年少受賞。14年早稲田大学大学院文学研究科に進学、17年修士課程修了。デビュー以来、『烏は主を選ばない』『黄金の烏』『空棺の烏』『玉依姫』と毎年1冊ずつ刊行し、『弥栄の烏』で八咫烏シリーズ第1部完結を迎えた。その後、外伝となる『烏百花 蛍の章』を刊行。『楽園の烏』は3年ぶりに再開したシリーズ第2部の1巻である。他の作品に『発現』(NHK出版)。

装画者 プロフィール
名司生(なつき)
兵庫県出身。2015年、武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業。大学在学中から西武鉄道「恋ヶ窪ステーションギャラリー」駅員賞、明石市立天文科学館「軌道星隊シゴセンジャーイラスト大賞」佳作などに選ばれ、16年にイタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選。18年には、ロシアポリアンドリア出版社「The Ten Moons」のイラストを担当した。

「八咫烏シリーズ」とは
日本神話にも登場する三本足の伝説の烏、八咫烏(やたがらす)。本作「八咫烏シリーズ」は、人間の姿に変身することが出来る彼らの一族が、異世界・山内(やまうち)を縦横無尽に飛びまわるファンタジーだ。作者の阿部智里は史上最年少の20歳で松本清張賞を受賞してデビュー。『烏に単は似合わない』にはじまり、最終作『弥栄の烏』までの全6巻で第1部が完結。平安王朝風のみやびな風俗と、日嗣の御子・若宮と側仕えの少年・雪哉を中心とした魅力的なキャラクターたち、周到に仕掛けられた謎、天敵・大猿とのバトルなど、日本神話に通じる壮大な世界観が話題を呼び、150万部を超える大ヒットを達成。2020年9月、満を持した3年ぶりの書き下ろし『楽園の烏』で第2部がスタートする。

『楽園の烏』書誌情報
著者:阿部智里
出版社:文藝春秋
発売日:2020年9月3日
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-16-391254-7

『烏百花 蛍の章』書誌情報
著者:阿部智里
出版社:文藝春秋(文春文庫)
発売日:2020年9月2日
定価:本体660円+税
ISBN 978-4-16-791555-1

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング