JLL、香港大手デベロッパーからテナント誘致業務を受託

PR TIMES / 2014年4月24日 11時24分

中国・瀋陽市の最大級複合施設、日系ブランド進出をサポート

総合不動産サービス大手のJLL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河西利信)は、香港の大手デベロッパー、新世界発展有限公司(本社:香港 以下 新世界グループ)から、同社が中国・瀋陽市で開発する最新かつ最大級の商業施設「瀋陽K11アートモール」(2016年1月開業予定)における日系ブランドのテナント誘致業務を受託しました。今回の受託は、「瀋陽K11アートモール」内の様々なコンセプト区画を対象としており、ほぼ全ての業種・業態の出店誘致を担うことになります。



近年中国では、日本製品や日本食の安全性や品質、デザインなどに対する消費者からの評価が高まっており、「メイド・イン・ジャパン」の人気が増しています。このようなニーズの変化に伴い、中国の商業施設における日系ブランドの需要も増加傾向にあります。JLLは、グローバルネットワークを強みとし、世界各国で商業施設のテナント誘致や運営管理の豊富な実績を有していることから、この度、新たに開業する「瀋陽K11アートモール」への日系ブランド誘致業務を受託するにいたりました。

新世界グループは、香港を拠点とし、宝飾品販売、不動産開発、交通、港湾、通信事業などを営む中国の大手コングロマリットです。

その新世界グループが手掛ける「瀋陽K11アートモール」は、同グループが開発する大型複合施設「瀋陽New World Center」内にあり、オフィス、ホテル、サービスアパート、瀋陽New World Expo(カンファレンスホール)などが隣接しています。「芸術」「人」「自然」をコンセプトとし、芸術とショッピングモールを融合したハイエンドな商業施設で、中国・遼寧省の省都瀋陽市最大級の面積を誇ります。

本業務を担当する不動産運用サービス事業部リテールグループヘッド 飯尾太一は次のように述べています。
「日本のJLLでは、日系ブランド約1,000社とのネットワークを有し、日本全国の商業施設において、テナント誘致及び運営管理を行っています。日本のリテール市場を熟知したコンサルティングを通じて、ハイエンドかつユニークな中国のアートモールの開業に向け、日本のブランドを誘致して参ります。また、グローバルな海外支援体制を持つJLLが、海外進出を目指す日本企業と国外のデベロッパーとの橋渡し役となり、両者の要望に迅速に対応し、出店の効果を最大限に引き出せるよう努めて参ります」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング