FAKE MOTIONのゲームアプリ『 FAKEMOTION King of DOBON 』1月21日(木)から事前登録を開始!

PR TIMES / 2021年1月21日 17時15分

株式会社レッドクイーン(本社:東京都港区、代表取締役社長:慶長聖人、以下レッドクイーン)は、 FAKE MOTIONの公式ゲームアプリ『 FAKEMOTION King of DOBON 』の事前登録を本日、1月21日(木)より開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/18594/39/resize/d18594-39-243067-0.png ]

『 FAKEMOTION King of DOBON 』は、オンラインでFAKE MOTIONメンバー本人や、全国のユーザーとオンラインマルチ対戦が楽しめるトランプゲームアプリです。
プレイヤーは、メンバーのひとりを推しメンに設定しレベルを上げていきます。レベルを上げて進化したカードを使用し、イベントを優位に進め限定カードをGETしよう。
運のよいプレイヤーはメンバー本人とオンラインで対戦できるだけでなくカードコレクションやアプリ内で開催される様々なイベントを通して、FAKE MOTIONメンバーの新たな一面を発見できるかも!?


【事前登録キャンペーン 概要】
正式サービスに向けて公式Twitterを開設いたしました。
事前登録期間中に公式Twitterをフォローして頂くと、フォロー数に応じてゲーム内で使えるお得なアイテムがもらえます!
詳細は事前登録ページをご確認ください。
◆事前登録ページ < http://fakemotion-kod.jp
◆アプリ公式Twitter @dbn_fm < https://twitter.com/dbn_fm


【事前登録注意事項】
・事前登録キャンペーンの登録は無料です。
・事前登録キャンペーンの終了時点で確定した特典内容を配布する予定です。
・事前登録の状況について、個別にお問い合わせいただいてもお答えできません。
・事前登録数は、公式Twitterのフォロー登録数となります。
・事前登録キャンペーンの特典は、正式サービス開始から2月28日13時59分までの間にゲームをプレイされるプレイヤー全員に対して、ゲーム内プレゼントボックスに配布します。
・プレゼント配布は、1プレイヤーにつき1回限りとします。
・事前登録キャンペーン及び特典の内容につきましては予告なく変更する場合があります。
・事前登録キャンペーンの実施にあたり、意図しない不正が確認された場合には、キャンペーンを中止する場合があります。
・本記事に掲載されている情報及び画像はすべて開発中のものとなります。リリース時に変更または中止となる場合があります。


【アプリ基本情報】
タイトル: FAKEMOTION King of DOBON
ジャンル : トランプ
プレイ料金 : 無料(アプリ内アイテム課金あり)
AppStore : Coming Soon
Google Play : Coming Soon
対応機種(OS) : 【iOS】10以上 / 【Android】5.0以上
運営・開発 : 株式会社レッドクイーン


【FAKE MOTION とは】
『FAKE MOTION -卓球の王将-』は、2020年4月9日(4月8日深夜)から5月28日(5月27日深夜)まで日本テレビで放送した連続ドラマ。
20XX年…世は空前の卓球ブーム。
卓球戦国時代と化した東京を舞台に激しいピンポンバトルを繰り広げる高校生たち。
その若き男達の『壮絶な戦いと挑戦』、そして『熱い友情と絆』を描く。
続編となるシーズン2ドラマ「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」が2021年1月21日(1月20日深夜)より同時間帯で放送開始。
今作では、東京vs大阪という卓球での天下分け目の決戦だけでなく卓球を通して『夢』や『仲間との絆』を見つけ、本当に大切なものに気づき、それを守るためにそれぞれが強くなっていく成長&青春ストーリーを描く。


【株式会社レッドクイーン 概要】
会社名:株式会社レッドクイーン
[画像2: https://prtimes.jp/i/18594/39/resize/d18594-39-462738-1.png ]


英文社名:Red Queen Inc.
本社所在地:東京都港区南青山一丁目2-6 ラティス青山スクエア8階
代表取締役社長:慶長聖人
資本金:284,380,000円
設立:2015年1月6日
URL: http://www.redqueen.co.jp/

※社名、ロゴマーク、商品名およびサービス名は商標または登録商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング