デルタ航空、2013年より国際線に機内インターネットサービスを導入

PR TIMES / 2012年6月29日 16時53分



● 米国内線で展開する世界最大の機内インターネットサービス網を国際線にも拡大

● 米国内線と同じプロバイダー'Gogo’がグローバルサービスを提供

● 顧客調査でも米国内線の幹線・ローカル線に加え国際線での利用を望む声が高く


【米国アトランタ、2012年6月28日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、2013年初旬より国際線での機内インターネットサービス(有料)を開始すると発表しました。対象機材は長距離国際線用のボーイング777型機、767型機、747型機、エアバス330型機、および国際線短・中距離用ボーイング757型機、計150機以上となります。

国際線でのWi-Fiインターネットサービスは、高い帯域幅を持つ(Kuバンド)通信衛星を使用し、現在米国内線でWi-Fiを提供している米Gogo 社(ゴーゴー社)により提供されます。利用料金などの詳細はサービス開始前に改めて発表します。

デルタ航空は米国内線にて一日あたり3,000便を越えるフライトで機内インターネットサービス(有料)を提供しており、世界最大数のWi-Fi搭載機材を保有しています。2008年にGogo 社とともに米国内線での機内インターネットサービスを開始して以来、現在では米国内幹線用機材550機に加え、デルタコネクションのリージョナルジェット機を含め合計800機以上にて機内インターネットサービスを提供しており、1日あたり40万人以上のお客様が地上1万フィート以上の上空でサービスを利用しています。

2015年に全対象機材へのWi-Fi設備の導入が完了すると、世界で運航される全1,000機以上の機材で、機内インターネットが利用できるようになります。

デルタ航空マーケティング担当上級副社長ティム・メイプス(Tim Mapes)は次のように述べています。「デルタ航空はテクノロジーをサービスに取り入れることにより、お客様からの評価を高めています。顧客満足度調査を行う米国J.D.Power社やPCWorld誌の調査でも、テクノロジーの導入によるサービスの充実が高く評価されました。機内インターネットサービスを国際線にも導入することにより、路線を問わず、お客様にオンライン環境をご提供できるようになります。」

国際線へのインターネットサービス拡張は、かねてから推進している総額30億ドル以上を投じた機材および機内設備、空港設備への投資計画(2010年~2013年)の一環です。投資内容には上述のWi-Fi設備拡張をはじめ、すべての国際線用ワイドボディ機へのフルフラットベッドシートの設置、個人用モニターの増設のほか、米国内線用機材へのファーストクラス座席の追加、短距離国際線へのエコノミーコンフォート座席の追加、スカイクラブの改修、デルタ航空の米国2大ハブ空港、アトランタ(新国際線ターミナルが5月に開業済)とニューヨークJFKでの国際線旅客向けターミナル施設(来年5月オープン予定)の拡充などが含まれます。 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング