男女に共通する離婚理由の第1位は?日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」が男女別の『離婚を考える理由』TOP5を発表

PR TIMES / 2012年4月19日 15時20分



この度、日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」( http://www.bengo4.com/ )を運営するオーセンスグループ株式会社(所在地:東京都港区、代表:元榮 太一郎)は、「弁護士ドットコム」の利用データをもとに男女別の『離婚を考える理由』TOP5を発表いたします。

厚生労働省の調べによると2011年の離婚件数はおよそ23万5,000組で、およそ3組に1組が離婚する時代になったといわれています。
「弁護士ドットコム」においても離婚は様々な相談カテゴリのうち最も数多くの相談が寄せられており、2011年の離婚カテゴリの相談件数は前年度比181%と大幅に増加しています。 (お悩み別相談 離婚 http://www.bengo4.com/onayami/242 )
そこで今回は2010年4月1日から2012年3月31日までの2年間に「弁護士ドットコム」に寄せられた離婚に関する相談データをもとに、ユーザーが離婚を考える理由を独自に調査し、男女別の『離婚を考える理由』TOP5として発表いたします。

■男女別の『離婚を考える理由』TOP5
調査期間:2010年4月1日〜2012年3月31日
対象:離婚を希望しているが相手の同意を得られていないユーザー
回答者の平均年齢:34歳(男性:36歳、女性:33歳)

◆男性 TOP5
1位 48.1% 家庭生活に非協力的。(「別居」「過度の借金」「生活費を払わない」など)
2位 24.7% 相手の浮気。(性交渉に発展しているケースに限る)
3位 14.3% 相手の暴力行為。
4位 12.7% 相手が結婚関係の継続が難しい程、精神的に不安定なため。
5位 0.2% 相手が失踪したなどで生死が不明。

◆女性 TOP5
1位 40.6% 家庭生活に非協力的。(「別居」「過度の借金」「生活費を払わない」など)
2位 32.5% 相手の暴力行為。
3位 20.9% 相手の浮気。(性交渉に発展しているケースに限る)
4位 4.0% 相手が結婚関係の継続が難しい程、精神的に不安定なため。
5位 2.1% 相手が失踪したなどで生死が不明。

◆男女総合TOP5
1位 42.4% 家庭生活に非協力的。((「別居」「過度の借金」「生活費を払わない」など)
2位 28.1% 相手の暴力行為。
3位 21.8% 相手の浮気。(性交渉に発展しているケースに限る)
4位 6.1% 相手が結婚関係の継続が難しい程、精神的に不安定なため。
5位 1.6% 相手が失踪したなどで生死が不明。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング