アジカン、一青窈、SPECIAL OTHERS登場!TOKYO FM初のアジアライブプロジェクト、「LIVE 直送 from 東京電台」が、2012年11月より開始!

PR TIMES / 2012年8月29日 14時12分



TOKYO FMは2012年11月より「LIVE 直送 from 東京電台」と題した、弊社としては初の試みとなるアジアでのライブプロジェクトを開始いたします。今回、台湾の人気放送局「UFO FM」、そして、同じく人気ライブハウスの「LEGACY」とのタイアップにより、日本の人気アーティストをアジアに招聘する事が実現いたしました。第一弾として、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの台湾ライブが決定!今後も毎月1回程度、日本の良質な音楽をアジアに届けるライブ活動を行ってまいります。

インターネットのめざましい普及と発展により、音楽を取り巻く環境は、近年大きく変化しました。音楽を楽しむ方法や、楽しめるバリエーションは今後益々増えていくことが予想されます。日本で生まれた音楽も、日本だけでとどまる時代ではもはやありません。そこで、TOKYO FMでは、日本だけでなく、アジア全体をターゲットとしたライブプロジェクト「LIVE 直送 from 東京電台」を始動いたします。
プロジェクトは、アジアにおいて音楽と文化をリードしている台湾からスタートし、各国の企業とタイアップを行いながら、今後は香港、中国、シンガポール、韓国と、アジア全体で展開予定です。第一弾のアーティストにはASIAN KUNG-FU GENERATIONが決定!さらに第二弾として12月に一青窈、第三弾として2013年1月にSPECIAL OTHERSの公演が決定しております!
さらに今回は、日本からの参加もできるように、JAL PAK(株式会社ジャルパック 本社:東京都品川区代表取締役社長:二宮秀生)とのタイアップにより本ライブのツアーも販売いたします。ツアーは今後、毎月行われるライブごとに販売される予定です。
TOKYO FMがアジアと一緒に取り組むライブプロジェクト、「LIVE 直送 from 東京電台」に是非ご期待ください。


■LIVE 直送 from 東京電台」第1回公演概要
日時:2012年11月18日(日) 開場19:30 開演20:00
出演者:ASIAN KUNG-FU GENERATION
開場:Legacy TAIPEI (1200名キャパ)
チケット代:前売り1800元 / 当日2200元 (席はすべてスタンディング)
主催:Legacy TAIPEI / TOKYO FM
媒体協力:UFO FM
企画:TOKYO FM
制作:Spectrum Management Co.,Ltd. / SEVEN’S SOFTHOUSE INC.
オフィシャルエアライン:日本航空
★2012年12月に一青窈、2013年1月にSPECIAL OTHERSの公演が決定!

□TOKYO FM × JALPAK JAL海外ダイナミックパッケージについて
出発地:東京・大阪・名古屋(全国各地からも乗り継ぎでご参加いただけます。)
出発日:11月15日、16日、17日
旅行代金::74,900~121,400円(2012年8月16日現在 2泊3日/2名1室利用お1人様あたり)
JAL海外ダイナミックパッケージ「アジア ライブ・ツアー 第1弾 in 台北」専用ツアーページ:
http://www.jal.co.jp/intltour/jaldp/fm_tokyo/
※代金変動制商品のため、同一内容でもご予約のタイミングにより、旅行代金が異なる場合があります。
・最少催行人員:1名 (名古屋発は2名様より)

□UFO FMについて
1996年10月16日開局。翌年1997年10月に台湾で初の全国ネットのラジオ局となる。
電波の範囲は台北(FM92.1)、苗栗(FM91.3)、台中、彰化、南投(FM89.9)、雲林、嘉義(FM90.5)、高雄、屏東(FM103.9)、台東(FM91.3)、花蓮(FM91.3)、宜蘭(FM89.9)と澎湖(FM89.7)等地区。

□LEGACYについて
台北の中心部に位置している「華山1914創意文化園區」の中にあるアクセスが便利なライブハウス。「華山1914創意文化園區」エリアは1914年より歴史的な建物として認定され、今では人気スポットとして台湾の人に愛されている。ライブハウスLEGACYのキャパシティはスタンディングで1200名、着席の設定では650名。
LEGACYでの今までのライブ実績は、メイシー・グレイ、KULA SHAKER、クレモンティーヌ、GLAY、ONE OK ROCK、LUNA SEA(SUGIZO)、野宮真貴、LM.C、くるり、ZAZEN BOYS、中孝介など多岐に渡る。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング