-4℃の温度差で夏を涼しく快適に。「ICELIVE -4°C」

PR TIMES / 2012年7月11日 18時34分



アディダスでは、温度が最大約4℃低下する機能素材「ICELIVE -4℃(アイスライブ -4℃)」を採用したトレーニングウェアを発売いたします。

アディダスが2012年秋冬シーズンより新たに採用する素材「ICELIVE -4℃」は、太陽光からの熱線を遮蔽し、発汗時の水分を含んだ生地が涼感をもたらすことで、最大約4℃の温度低下を実現。トレーニングなど夏のスポーツシーンはもちろんのこと、日常の暑さ対策、エアコンなどの使用を控える際の節電対策アイテムとしても幅広くご活用いただけます。

「ICELIVE -4℃」を採用したトレーニングウェアは、メンズモデル、ウィメンズモデルともに2012年6月より発売中です。


■太陽光からの熱線を遮蔽し、発汗時に涼感が得られるICELIVE -4℃

1.優れた熱線遮蔽性
ICELIVE -4℃は、熱線(近赤外線)を乱反射する無機材を練りこんだポリ
エステルを使用。レギュラー生地(*)に比べ、日照時に衣服内の温度上昇
を抑制する機能に優れています。

2.発汗時の涼感
ICELIVE -4℃は、水分と接すると熱を吸収する特殊パウダーを生地に
付着させているため、レギュラー生地(*)に比べ、発汗時等の湿潤時に
生地の温度低下をもたらします。

* ICELIVE -4℃の特性を持たない従来のレギュラー生地(ポリエステル100%)。
※ 掲載の数値は、素材の代表サンプルのデータです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング