安定志向を強め、安心できる環境と答えを求める新入社員。 育成の鍵は、「支援内容の見極め」と 「答えを教わるのではなく生み出すマインドへの意識転換」

PR TIMES / 2014年5月30日 14時46分

2014年度 新入社員モチベーション調査

経営コンサルティングの株式会社リンクアンドモチベーション(東証一部、本社:東京都中央区、代表:小笹芳央、以下LM)の研究機関『モチベーションエンジニアリング研究所』は、2014年の新入社員に対してモチベーションに関するアンケート調査を行いました。
「新入社員の入社動機および有効なモチベーションマネジメントを調査することによって、企業と新入社員との望ましい関係の在り方を探る」という目的のもと、LMが提供する新入社員研修の受講者に対して調査したものです。
新入社員を受け入れる側に求められることについても考察しております。ご活用いただければ幸いです。




■調査概要

【調査名称】 「2014年度 新入社員モチベーション調査」
【調査方法】 LM独自の「組織への所属動機となる8つのモチベーションファクター」と
「モチベーションを高める16のモチベーション効果」をもとに構成した設問(40問)

【設問内訳】
(1)入社動機に関する質問:8問
『あなたは今の会社を選ぶにあたり、 どのようなことを求めましたか?』
   ※8つのモチベーションファクターを基に設問を構成
(2)有効なモチベーションマネジメントに関する質問:32問
『あなたは仕事をするにあたり、どのような状況でモチベーションが上がると思いますか?』
   ※16のモチベーション効果を基に設問を構成

【回答形式】 無記名マークシート形式 ※設問項目に対し5段階にて回答
【対象人数】 4,072名  ※2014年度入社の新入社員で、LMが提供する新入社員研修の受講者
【調査期間】 2014年3月29日~4月22日


■調査結果サマリー

■過去2年の新人よりも安定志向を強める傾向(入社動機に関する質問より)


今年の新入社員の入社動機は、【仕事内容】・【事業内容】を重視する一方で、【会社基盤】・【制度待遇】の数値が低い結果であった。これは単年度の結果だけを見れば、過去2年の傾向と大きな差はない結果である。

しかし、経年変化に注目をすると、相対的に高かった【仕事内容】・【事業内容】の数値が低下した一方で、相対的に低かった【施設環境】・【制度待遇】・【会社基盤】の数値は上昇した。すなわち、仕事を通じてやりがいを感じられることや事業の意義・将来性が感じられることよりも、会社の財務状況の安定性、評価・待遇の公正さ、働く環境の快適性を重視する比率が高くなっており、過去2年の新入社員よりも安定志向が強くなっている可能性が考えられる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング