聖マリアンナ医科大学発ベンチャー株式会社ナノエッグ、「バイオジェニック化粧品」の新商品 「マリアンナ NEWブライトニングライン」を5月26日発売 「肌サビ」抑制と高い安全性を提案

PR TIMES / 2014年5月13日 15時35分



聖マリアンナ医科大学発のベンチャー企業、株式会社ナノエッグ(本社:川崎市、代表取締役社長:山口葉子、以下ナノエッグ社、http://www.nanoegg.co.jp/)は、「マリアンナ ブライトニングライン」をリニューアルし、「NEWブライトニングライン」として5月26日(月)から販売開始します。

ナノエッグ社は、最先端の皮膚科学技術をベースに安全性と効果を両立しながら、人が本来持つ力を目覚めさせるスキンケアを「バイオジェニック化粧品」と定義し、その新製品として「NEWブライトニングライン」を発売します。

刺激やストレス、加齢などにより、肉体の酸化の原因となる活性酸素(フリーラジカル)が増加します。活性酸素は、シミ・くすみのもとであるメラニン色素の生成要因です。人の皮膚には本来、活性酸素を「肌サビ=シミ・くすみ」に変化させないための力が備わっています。しかし、この力は加齢とともに減少していきます。ナノエッグ社の皮膚科学研究チームは、この「酸化を抑える力」に着目し研究を重ねました。そして、もともと体内にある肌サビ抑制成分である「グルタチオン」、「安定型ビタミンC(アスコルビルグルコシド)」、「アセチルシステイン」を肌の奥に浸透させることにより、明るい透明感のある肌へ導けることを突き止めました。今回、発売される「NEWブライトニングライン」は、これらの成分が配合され、1.ローションA.G.(化粧水)の「潤す」⇒2.エマルションA.G.(乳液)の「働きかける」⇒3.クリームA.G.(クリーム)の「守る」⇒4.Cysエッセンス(美容液)の「集中ケア」という4ステップで構成されています。

ナノエッグ社では、「NEWブライトニングライン」発売から1年で計5万本の売上を見込んでいます。
<バイオジェニック化粧品「マリアンナ NEWブライトニングライン」概要>

■配合成分
・グルタチオン:整肌成分
・安定型ビタミンC(アスコルビルグルコシド、ビタミンC誘導体):整肌成分
・アセチルシステイン:整肌成分

■新しいブライトニングシステムの4ステップ
1.ローションA.G.(化粧水)「潤す」⇒
2.エマルションA.G.(乳液)「働きかける」⇒
3.クリームA.G. (クリーム)「守る」⇒
4.Cysエッセンス(読み方:シーワイエスエッセンス)(美容液)「集中ケア」

■各製品の特長
1.ローションA.G.(化粧水)120ml  3,600円(税込)
とろみのあるテクスチャーで極上のうるおいが角層の奥まで浸透。
キメを整え、明るい透明感のあるハリ肌へ導く
整肌成分:グルタチオン、安定型ビタミンC(アスコルビルグルコシド)
2.エマルションA.G.(乳液)50ml  5,650円(税込)
肌の生まれ変わりに働きかけ、コクのある使用感で、弾力のあるハリ肌に導き、透明感のある素肌に
整肌成分:グルタチオン、安定型ビタミンC(アスコルビルグルコシド)
3.クリームA.G.(クリーム)30g  6,680円(税込)
溶け込むようになじみ、角層の奥までじっくり浸透。肌本来のハリを保ち、潤って指を弾み返すような透明感のある肌へ
整肌成分:グルタチオン、安定型ビタミンC(アスコルビルグルコシド)
4.Cysエッセンス(美容液)15g  5,650円(税込)
アセチルシステインを新配合。極上のうるおいで、ハリとつや、いきいきした肌へ導く
整肌成分:グルタチオン、アセチルシステイン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング