ニュージーランド航空 成田-オークランド線3月~5月の増便を発表

PR TIMES / 2015年10月13日 13時38分

ニュージーランド航空は、2016年3月28日~5月7日の期間限定で、成田-オークランド線を週2便増便することを決定しました。これにより、同期間の便数は週9便となり、座席供給数は前年同期比38%増となります。全便B787-9ドリームライナーで運航します。



ニュージーランド航空は一年を通して毎日1便、週7便で運航しており、今回の増便は、月曜および土曜が対象です。

ニュージーランド航空の日本・韓国・東南アジア地区支社長スコット・カーは、増便について以下のようにコメントしています。

「私たちは、B787-9の 増便に対してお客様から好評をいただいており、大変喜ばしく思っております。ニュージーランドの夏季に当たる時期は、非常に需要が高まっており、今回の増便により、美しい秋の時期まで需要が続くものと見込んでいます」

ニュージーランド航空では、繁忙期となる12月3日~2016年3月26日における週3便の増便をすでに発表しています。今回の発表は、増便の期間を更に5月まで延長するものです。

今回増便されるNZ94便(成田-オークランド)はオークランドに早朝に到着し、NZ95便(オークランド-成田)はオークランドを深夜に出発する時間帯のため、ニュージーランド国内各都市との接続がよく、便利にご利用いただけます。

B787-9ドリームライナーでは、お客様に最新の機内設備をお楽しみいただけます。『ビジネス・プレミア』では形状記憶マットレスを使用した高級レザー製シートをフルフラットでお使いいただけ、『プレミアム・エコノミー』では准ビジネスとも言うべきシートにより、のびのびと寛げる空間をお楽しみいただけます。『エコノミー』キャビンの人気の『スカイカウチ』シートは、シート 3 席を一つにつなげ 1 席の平らなソファーに変えて使用することができます。

ニュージーランド航空は、ニュージーランド式の温かくフレンドリーなおもてなしや、革新的なお食事、ニュージーランド産の上質なワインをお楽しみいただき、お客様が機内に一歩踏み入れた瞬間から、ニュージーランドにいるような気分を味わっていただけることをめざしています。今後もあらゆるお客様に一貫して心地よい空の旅を提供いたします。


【10月以降の便数】
2015年10月1日~2015年12月2日: 週7便 (毎日運航)
2015年12月3日~2016年3月26日: 週10便(月・木・土は2便で運航)
2016年3月28日~2016年5月7日: 週9便(月・土は2便で運航)


[画像1: http://prtimes.jp/i/4270/55/resize/d4270-55-878853-1.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/4270/55/resize/d4270-55-434668-2.jpg ]



【ニュージーランド航空について】

ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む16ヶ国53都市へ直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に25都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に2014年、2015年の2年連続で選ばれるなど、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。


公式ホームページ: http://www.airnewzealand.jp

Facebook: http://www.facebook.com/AirNZJP

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング