1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クラーク記念国際高等学校で、宇宙飛行士山崎直子さんによる特別オンライン授業が実施されました

PR TIMES / 2021年10月11日 9時45分

クラーク宇宙教育プロジェクトの一環として実施。高校生の人工衛星打ち上げを応援。

クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市、校長:三浦 雄一郎)で10月5日(水)、宇宙飛行士の山崎直子さんによる講演「私が宇宙飛行士になった理由」が行われました。



[画像: https://prtimes.jp/i/40238/55/resize/d40238-55-a8a4fc01e94d2f3f23e0-1.jpg ]


クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市、校長:三浦 雄一郎)で10月5日(水)、特別オンライン授業が実施されました。この授業は、クラーク宇宙教育プロジェクトの一環として企画され、宇宙飛行士の山崎直子さんによる講演「私が宇宙飛行士になった理由」が行われました。

クラーク宇宙教育プロジェクトとは、生徒主体の衛星開発・運用、ミッション実行をベースに、高校生が宇宙に関心を持ち、宇宙視点で様々な課題解決を考え実行できる未来のリーダー人材育成を目指した教育プログラムの開発を目的としたプロジェクトです。このプロジェクトに、山崎直子さんはアンバサダー宇宙飛行士として参加しています。

オンライン授業では、山崎さんからJAXAの宇宙飛行士に応募した時のこと、実際に宇宙飛行士としてのトレーニングの日々、宇宙での生活など、さまざまな経験を振り返りながら語っていただきました。

JAXAの書類選考で一度落ち、その後再び宇宙飛行士として採用された経験から、「一度の失敗で何かを諦めることはない、失敗してもいくらでもやり直すことができる」と生徒を励ましてくれました。また、宇宙では無重力で上や下といった概念がなくなることから「自分にとって常識だと思っていたことが宇宙では常識でない時もある。新しい視点で物事を見ることの大切さを学んだ」と語ってくれました。

授業の終わりに、山崎さんは「高校生が人工衛星を打ち上げるというのは、私が高校生の時は考えられなかったこと。みなさんの夢に向かって頑張ってください」とプロジェクトへの期待を寄せ、ロケットの父と呼ばれるロバート・ゴダードの言葉を引用し「昨日の夢は今日の希望であり、明日の現実である」という言葉をクラーク国際生に送ってくださいました。

■クラーク記念国際高等学校について
https://www.clark.ed.jp/
「Boys,Be Ambitious!」で知られるクラーク博士の精神を教育理念に受け継ぐ唯一の教育機関として平成4年に開校。北海道深川に本校を設置し、全国約50拠点で約1万人が学ぶ。通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入。カリキュラムの柔軟性を生かし、生徒のニーズに合わせた様々な特徴ある授業を展開。毎年、海外大学や国公立、有名私立大学などへの進学者も多数輩出。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング