先進的環境ビル「日本橋アステラス三井ビルディング」竣工

PR TIMES / 2013年1月10日 18時11分

標準的なオフィスビルと比較してCO2排出量 約40%削減

■ アステラス製薬株式会社(代表取締役社長 畑中好彦)と三井不動産株式会社(代表取締役社長   菰田正信)は、東京都中央区日本橋本町二丁目において「日本橋アステラス三井ビルディング」の  開発を推進してまいりましたが、明日竣工することになりましたので、お知らせいたします。
<本物件の主な特徴>
1. 日本橋再生計画の一環で、「江戸桜通り」と「昭和通り」の結節点に位置
2. 製薬会社が集積する日本橋本町における「アステラス製薬の本社ビル」
3. オフィス、店舗からなる地上17階、地下2階建て、高さ87mの複合ビル
4. 先進的環境ビル 標準的なオフィスビルと比較してCO2排出量を約40%削減
・国内の賃貸オフィスビルで認証実績の無い「LEED-CSゴールドランク」取得予定
・専有部照明のLED化、クールビズ対応空調機の採用など
5. 東日本大震災後、BCP対応を強化
・被災度判定システム、72時間対応の非常用発電機など採用




標準的なオフィスビルと比較してCO2排出量 約40%削減

先進的環境ビル「日本橋アステラス三井ビルディング」竣工

■ アステラス製薬株式会社(代表取締役社長 畑中好彦)と三井不動産株式会社(代表取締役社長   菰田正信)は、東京都中央区日本橋本町二丁目において「日本橋アステラス三井ビルディング」の  開発を推進してまいりましたが、明日竣工することになりましたので、お知らせいたします。

■ 本計画は、三井不動産が官民地元と一体となって開発を進める「日本橋再生計画」の一環であり、 「日本銀行」や「室町東三井ビルディング(COREDO室町)」、「(仮称)室町東地区開発2-3街区」が面する「江戸桜通り」と「昭和通り」の結節点に位置するプロジェクトです。また、計画地周辺は江戸時代より薬種問屋が軒を連ね、現在でも数多くの製薬メーカーが集積する地域で、アステラス製薬は本建物を本社ビルとして使用いたします。

<本物件の主な特徴>
1. 日本橋再生計画の一環で、「江戸桜通り」と「昭和通り」の結節点に位置
2. 製薬会社が集積する日本橋本町における「アステラス製薬の本社ビル」
3. オフィス、店舗からなる地上17階、地下2階建て、高さ87mの複合ビル
4. 先進的環境ビル 標準的なオフィスビルと比較してCO2排出量を約40%削減
・国内の賃貸オフィスビルで認証実績の無い「LEED-CSゴールドランク」取得予定
・専有部照明のLED化、クールビズ対応空調機の採用など
5. 東日本大震災後、BCP対応を強化
・被災度判定システム、72時間対応の非常用発電機など採用

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング