【ジョエルデュラン緊急来日イベント決定!】2012年日本限定発売!2種類のクリスマスケーキ発表ファンミーティング「ジョエルマニア」を開催!

PR TIMES / 2012年10月16日 12時7分



今年1月に「銀座ショコラストリート(R)」にオープンしたジョエルデュラン銀座本店。南フランスで最も美味しいチョコレート店の称号をもつショコラティエ「ジョエルデュラン」本人が手がける看板メニューはA~Zまでの26種類の天然素材とカカオのマリアージュが楽しめる「アルフェベットボンボンショコラ」。

本店2階のジョエルデュランカフェでは、銀座で話題の人気メニューフランスの大人パフェ「リエジョア」を考案した奇才として注目を集めています。

日本限定発売のクリスマスケーキ発売を記念して、日本のお客様に会うために、来日することが決定しました。

ファンミーティングの「ジョエルマニア」では、フランス本国でも発売しない、日本限定発売となるクリスマスケーキをなんと2種類を発表!

1つ目は、銀座本店でも大人気のアールグレイのボンボンショコラをテーマにした「ヘーゼルナッツと紅茶のクリスマスケーキ」。

ジョエルデュランが小さい頃よく食べていたという、生まれ故郷ブルターニュ地方発祥のフランスの伝統菓子を使ったクッキーとアールグレイの華やかな香りを引き立てる為に茶葉の煮出し方からこだわったアールグレイショコラムースのマリアージュが特徴的なケーキです。

2つ目は、プロヴァンスをイメージし、ジョエルデュランが得意とするハーブとフルーツの組み合わせ、ジョエルデュランマリアージュを演出した「フランボワーズとレモンムースのケーキ」です。


「ヘーゼルナッツと紅茶のクリスマスケーキ」はなんと7層構造。ジョエルデュラン自らが厳選し、その品質の高さと香りに魅了されたというイタリアのピエモンテ産ヘーゼルナッツのプラリネを使用し作ったクッキーがアクセントになっています。アールグレイショコラムースととヘーゼルナッツペーストを使ったクッキーの香ばしさがマリアージュされたケーキです。

生まれ故郷ブルターニュの伝統的なお菓子を材料として使ったパリパリとした食感のヘーゼルナッツプラリネクッキーとチョコレートビスケットの食感のマリアージュが五感を使って楽しめるジョエルデュランオリジナルのケーキに仕上がりました。

「フランボワーズとレモンムースのケーキ」のテーマはフランスプロヴァンス。ジョエルデュランが選んだフルーツは、フランボワーズとレモン。そして、プロヴァンスを代表するハーブのひとつ「バジル!」

バジルをサブレ生地に合わせる事で、全く違和感なくフルーツとのマリアージュが実現出来ました。甘酸っぱいフランボワーズと爽やかなレモンの香りが楽しめるムース。そしてバジルのサブレ生地。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング