【ご案内:子ども参加型復興イベント開催】石巻が、子どもが主役の街に「子どものまち・いしのまき」

PR TIMES / 2013年9月30日 14時34分

~今年は、“ユニセフのお仕事”体験も~

日本ユニセフ協会は、東日本大震災被災地における子ども参画による復興支援活動の一環として、
昨年に引き続き、来る10月5日(土)と6日(日)の2日間、NPOや市民活動団体が宮城県石巻市で
開催する「子どものまち・いしのまき」をサポートします。




10月5日(土)・6日(日) 午前10時~午後3時 石巻市「アイトピア通り」界隈
(石巻市中央2町目)

________________________________________________________________________________________


昨年、当初想定していた300名を大幅に超える延べ1700人あまりの子どもたちが参加した

「子どものまち、いしのまき」は、子どもの“やりたい”を応援するイベント。
子どもの思いや夢、子どもたちが本来持っている力を引き出し、まち全体をワクワク・ドキドキの
遊び場&学び場にする「まち体験交流活動」です。この2日間、石巻市内に、病院や銀行、
ケーキ屋、獣医、生ジュース屋、テレビ・ラジオ局、スタイリスト、歌手など、本イベント準備も
兼ねた子どもたちが復興を語り合う会合の中で、子どもたちが将来”やりたい・なりたい”
と思った仕事の現場=店舗などが登場。子どもたちは、まず、それぞれの店舗で”仕事”をして
貯めたお金(石で出来た特別通貨“マキー”)で、みんながつくったものやサービスを
利用・購入します。


日本ユニセフ協会は、子ども参加や街づくりの専門家の派遣を通じて、
本イベントの開催・実施を応援。2年目の今年は、ユニセフの広報や募金活動などの
“お仕事”を学び・体験できるブースも出店し、「シリア緊急募金」も呼びかけていただきます
(子どもたちから“募金”としてお預りした1マキーにつき10円を
日本ユニセフ協会職員有志が募金します)。


「子どものまち・いしのまき」は、子どもたちが身の回りのこと、世の中の仕組み、
町と自分の未来、そして世界のことを、「遊び」を通じて学び・考えるイベントです。


■ 日本ユニセフ協会について ■
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間としてユニセフを代表する唯一の組織として、
ユニセフ活動の広報、政策提言(アドボカシー)、募金活動を担っています。
http://www.unicef.or.jp


■ 日本ユニセフ協会による東日本大震災支援活動について ■
日本ユニセフ協会は、ユニセフ本部や被災地の協力団体、各自治体、民間支援団体や被災された
方々からの協力を得ながら、震災発生直後から、飲料水や子ども用の肌着、衛生用品などの
救援物資による支援や、学校再開、妊娠・授乳中の女性や赤ちゃんに対する支援、幼稚園や保育園の
再建等の未就学児への支援、子どもたちの心のケアをはじめとする弱い立場に置かれた
子どもたちの保護など、東日本大震災被災地での支援活動を進めています。

日本ユニセフ協会 東日本大震災ウェブサイト 
活動報告や映像レポート、実施中の事業をご紹介しています
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011.htm

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング