探索的データ分析ソフトウェアJMP、最新バージョン「JMP 10」を発表

PR TIMES / 2012年3月21日 14時22分

探索的データ分析ソフトウェアJMP、最新バージョン「JMP 10」を発表
~データの可視化、高度な統計分析機能を強化~


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下:SAS)は、探索的データ分析ソフトウェア「JMP(ジャンプ)」の最新バージョン「JMP 10」の販売を2012年4月2日より開始すると発表しました。

JMP 10では、従来のバージョンと比べ、より、直感的かつ対話的に、迅速に分析を進めることができます。対話的にグラフを作成するグラフビルダーの機能が向上し、利用できるグラフの種類が追加されました。アイコンパネルから目的のグラフを選択することで、グラフ作成やカスタマイズが容易に行えます。さらに、iPad上でもこのグラフビルダーアプリケーションによりデータ分析を行えるようになりました。また、高度な統計分析を行うユーザー向けの「JMP Pro」においては、モデルを比較する機能や、ブートストラップ法が追加されました。

米国SAS Institute Inc.の共同設立者および上級副社長であるジョン・ソール(John Sall)はJMP 10について、「新機能によって、JMPは一層魅力的になりました。より幅広いユーザーが、今までよりも迅速に分析を行えるようになるでしょう。データを素早く簡単に理解できれば、それだけ意思決定が迅速になるのです」と述べています。

JMP 10の主な新機能は以下のとおりです。

データの視覚化がより効果的に
ドラッグ&ドロップ操作で直感的にグラフを作成する機能、グラフビルダーが追加されました。グラフビルダーにより、データを探索し、グラフの種類の変更もより簡単に行えます。

データの列指定やフィルタリング
列スイッチャーにより、レポートを再起動することなく、分析に使用する変数を変更できます。また、ローカルデータフィルタにより、分析対象とするデータのフィルタリングをレポートごとに実行できます。

品質管理と信頼性分析
製造業で多く利用される、管理図、信頼性分析、測定システム分析において機能が拡張されました。管理図ビルダーでは、描画したい列をグラフ上にドラッグ&ドロップすることで対話的に管理図を作成できます。また、信頼性分析において、製品の返品コストを予測する機能(信頼性予測分析)、修理対象となる製品の平均故障間隔を算出する機能(信頼性成長分析)が追加されました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング