1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

平成の名水百選 まつもと城下町湧水群「女鳥羽の泉」を使用「城下町の湧き水」新発売!

PR TIMES / 2021年7月14日 12時45分

2021年6月から販売を開始しました!

ながの海ごみゼロプロジェクト実行委員会は、海と日本プロジェクトの連携パートナーとのコラボ商品「城下町の湧き水」を6月1日より発売いたしました。この「城下町の湧き水」は、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で販売するものです。



[画像1: https://prtimes.jp/i/77920/90/resize/d77920-90-ba768a6a6a8b42c0f2eb-0.jpg ]


【城下町の湧き水】
「城下町の湧き水」は長野県松本市の名所、名産品のイラストが描かれたナチュラルミネラルウォーターです。国宝松本城がある長野県松本市は、環境省の「平成の名水百選」に選ばれた「まつもと城下町湧水群」があり、市内各地に水が湧き出ています。その中のひとつが、松本市大手にある江戸末期創業の蔵元「善哉酒造」(よいかなしゅぞう)が所有する「女鳥羽の泉」です。今回はこの水をながの海ごみゼロプロジェクトとコラボしたオリジナルパッケージにして販売することになりました。

オリジナル商品ラベルには、「信州から未来の海のためにできることから始めよう」とのメッセージを加えた上、近年世界の海で問題となっている海洋プラスチックごみ削減を啓発するため、ペットボトルのポイ捨てをやめようと訴えています。

大徳紙商事 古畑泰明さん(販売企画)
「松本の湧き水のおいしさを多くの人に知ってほしいとの思いで製品化した。また、自然豊かな信州松本の湧き水は、川を通じていずれ海につながる。上流県松本の環境を良くすることは、その先の海、また、地球全体の環境を守ることにつながる。」

善哉酒造 根岸則夫さん(杜氏)
「女鳥羽の泉はとても柔らかい水。また、ほのかに甘みを感じるのが特徴です。美しい水が湧き出る環境をこれからも守っていかなければならないと思います。」

湧水群の街松本から、美しい水、そしてその先の海といった、地球全体の環境を大事にしていきたいと考えています。

●商材概要例
・商品名:「城下町の湧き水」500mlペットボトル
・発売日:6月1日(火)
・価 格:1本 170円(税込み)
・取扱店:Kami Labo.・善哉酒造・萬年屋 大名町店・やまへい
     松本のおみやげや・松本のおみやげや MIDORI松本

団体・企業概要
団体名称 :ながの海ごみゼロプロジェクト実行委員会
本社所在地 :長野市岡田町131‐7 事務局・NBS長野放送内
電話番号 :026-227-2059
担当 :黒岩
設立 :2021年4月1日
[画像2: https://prtimes.jp/i/77920/90/resize/d77920-90-fd5b94f4d74f3abf591b-1.png ]

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」が推進しているプロジェクトです。
海の豊かさを守り、海にごみを出さないという強い意思で日本全体が連帯し、海に関心を持つ人を増やし、海の未来を変える挑戦を実現していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/
[画像3: https://prtimes.jp/i/77920/90/resize/d77920-90-2bef01c46a8b4226256d-2.png ]

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング