1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

阪急阪神百貨店の新卒採用選考におけるHireVue AIアセスメント導入事例の公開~人とAIの「ハイブリッド」選考、多様な人材のマイニングを実現~

PR TIMES / 2021年9月6日 18時15分

22年新卒採用選考で45万人以上の学生が利用し、就活人気ランキング(ワンキャリア調べ)上位50社の46%(23社)が利用するデジタル面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」を展開するタレンタ株式会社(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO 田中 義紀、 https://www.talenta.co.jp/)は、株式会社阪急阪神百貨店(本社 大阪市北区)におけるオンデマンド(録画)型の面接データを分析して社会人基礎力を測定するHireVue AIアセスメント導入の成功事例について、インタビュー記事を公開したことをお知らせします。



HireVue AIアセスメントは2020年12月15日のリリース以降、8ヵ月間で累計32,000ユーザーを突破し、商社、金融、不動産、製造、小売、IT、サービスなど様々な業種の企業で活用されています。導入企業からは、22年新卒採用選考において「優秀な人材の発掘」「選考解像度の向上」「選考工数の最適化」などの効果を得られたというフィードバックを頂戴しています。

「お客様の暮らしを楽しく、心を豊かに、未来を元気にする楽しさNo.1百貨店」をビジョンに掲げ、さらに一層進化し続けている阪急阪神百貨店様では、新卒採用においてHireVueの機能を最大限にご利用いただいております。この度、より多様な人材にアプローチすべく、いち早くHireVue AIアセスメント導入し、採用の現場にインパクトを与え素晴らしい結果を出された阪急阪神百貨店様にHireVue AIアセスメント導入の背景と導入効果についてお伺いいたしました。

阪急阪神百貨店様の主な導入効果は以下のとおりです。
・「ハイブリッド」な選考を実装し、今までとは違う次元の優秀層と多様な人材をマイニングできた
・ジェネラル基準とローカル基準の両方を併せ持った方を選考へと進めることができた
・副次的な効果として業務の効率化が可能となり、学生にかけられる時間が増えた

詳細は下記URLをご覧ください。事例資料ダウンロードが可能です。
https://www.talenta.co.jp/customer_case/hv_hhd/

世界的に人事や採用分野でもDX(デジタルトランスフォメーション)が加速する中、タレンタではHireVueの高い技術力と蓄積されたナレッジ、高い倫理性を持つAIアセスメントの提供を通して、社会に新しい価値を創造していきたいと考えています。

【HireVue(ハイアービュー)について】
HireVueは米国HireVue Inc.が提供し、タレンタが日本市場で販売するクラウド型デジタル面接プラットフォームです。30ヶ国語以上に対応しており、IBM、Apple、amazonなどのグローバル企業800社以上で導入され、日本国内でも日立製作所、東京海上日動、日本航空、ヤフー、JAXAなど200社以上で利用されています。オンデマンドとライブという2つの面接スタイルに対応し、候補者はスマホやパソコンから時間や距離に縛られず面接を受けることができます。ビデオ+ゲーム+AIを組み合わせることで社会人基礎力を判定しマッチング度の高い人材を獲得することができます。

[画像: https://prtimes.jp/i/16792/92/resize/d16792-92-4a7accb664b6bc51dbd3-0.png ]


【HireVue Inc.について】
HireVue Inc.は2004年に設立された、ビデオインタビュー分野における世界トップクラスのクラウドサービスプロバイダです。詳しくは https://www.hirevue.com/ をご参照ください。

【タレンタ株式会社について】
HRテクノロジー分野における日本のリーディングカンパニーの一つであり、「Work Happy!な世の中を創る」をミッションとして、世界各国から最も優れたクラウド型HRテクノロジーソリューションと関連サービスを日本市場に展開しています。
タレンタはサンブリッジグループを母体として設立されました。サンブリッジグループはこれまでに、セールスフォースドットコム、シルクロード、コンカー、マルケト、キリバ、デマンドウェアなど米国の先進的クラウドソリューションプロバイダとの合弁会社を設立し、日本市場への展開を成功させてきた豊富な実績を有します。
詳しくは https://www.talenta.co.jp 及び https://www.sunbridge.com をご参照ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング