2013年の予測トップ7 (ただし、インターネットが現在の姿と変わらないとしたら)

PR TIMES / 2012年12月19日 10時19分

だれがインターネットをコントロールするのかが根本的に変わってしまう?Macを狙うマルウェアが再びまん延する?あなたが視聴しているスマートTVがDDoS攻撃で乗っ取られる?どのようなことが起ころうとも、2013年は興味の尽きない1年になるでしょう。市場で起こりえる事態に関するエフセキュアラボの予測です。

ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳


1. 現在の姿のインターネットは終わりを迎える?


「現在ドバイで重要な会議が開催されています。その結果によっては、2013年に数多くの大きな出来事が起こる可能性があります」とエフセキュアラボでセキュリティ・アドバイザーを務めるショーン・サリバンは語ります。この重要な会議とは世界国際電気通信会議(WCIT)のことですが、現在のインターネットの姿に大きな影響をもたらす可能性があります。「インターネットは、一連のより規模の小さなインターネットに分割されるかもしれません。」とサリバンは指摘します。「あるいは、インターネットは違った形で資金提供を受けるようになるかもしれません。たとえば、FacebookおよびGoogleとYouTubeのような大規模なコンテンツプロバイダは、提供するコンテンツに課税されるかもしれません。」
この世界国際電気通信会議は、国際電気通信連合(ITU)が開催し、国際電気通信規則の改正を最終決定することを目的としています。出席者は世界各国の政府を代表する規制当局ですが、これらの規制当局すべてが自由なインターネットの使用について必ずしも賛成しているわけではありません。サリバンが指摘するように、インターネットに対するコントロールを「専門家から政府に」移したいと考えている政治体制もあるだろうという懸念が上がっています。プライバシー擁護派はインターネットのセキュリティを確保するよう呼びかけていますが、そのことを名目として新しい措置も提案されています。こうした措置によって、インターネットの匿名性が失われる可能性があります。


2. 情報の盗難によって、政府が支援するスパイツールの存在がより多く明らかになる


「Stuxnet、FlameおよびGaussによる過去の情報の盗難から判断すると、サイバー空間での軍拡競争が本格化してきているのは明らかです。」とエフセキュアラボで主席研究員を務めるミッコ・ヒッポネンは述べています。私たちがサイバー空間での国家によるスパイ活動に気付かない間に、政府はスパイ活動に一層関与を強めていく可能性があります。2013年には、このことをはっきりと裏付ける情報の盗難がより多くなるでしょう。それも、かつては攻撃元とは考えられなかった国による情報の盗難が増えると考えられます。この軍拡競争が激化するほど、情報の盗難の可能性が高まります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング