フォートラベル「2013年 GWの旅行動向調査」

PR TIMES / 2013年5月28日 19時29分



 フォートラベル株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 井上英樹、以下、フォートラベル)は、運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル」(http://4travel.jp/)にて会員を対象に「2013年 GWの旅行動向調査」を実施いたしました。調査結果を以下にご報告いたします。

--------------------------------------------------------------------------------
【1】 調査結果概要(基本データのご報告)
【2】 調査結果解説/執筆:弊社アドバイザー、旅行ジャーナリスト 村田和子
1. GWの旅行実施率は、過去最高!暦や天気などの条件も整い国内旅行が好調。
2. アベノミクス効果、夏の旅行動向に注目。
3. (補足)海のLCC「外国船クルーズ」が、首都圏発着クルーズを開始。
【3】 調査実施概要(回答者プロフィール等)
【4】 フォートラベル株式会社について
【5】 データ利用について

--------------------------------------------------------------------------------


【1】  調査結果概要(基本データのご報告)

【GWの休暇取得状況概要】

 GWの連続休暇日数は、平均5.5日で、昨年より0.2日減少した。休暇日数の分布をみると「4日間」と回答した人が圧倒的に多く48.6%、続いて「10日間」(13.4%)、「5日間」(10.2%)となり2極化の傾向であった(グラフ1参照)。今年は4月27日(土)からの3日間、5月3日(日・祝)からの4日間が暦の上の休暇となっており、暦通りの休暇だった人が多かったと推測される。2位の「10日間」と回答した人は、間の平日3日間が休暇だったと考えられる。

【GWの過ごし方概要】

 GWは「自宅中心で過ごした」と回答した人がもっとも多く29.0%、続いて「国内旅行」(25.4%)、「海外旅行」(17.5%)、「日帰り旅行」(13.9%)、「帰省」(7.1%)の順となった。昨年同時期の調査と比較すると「自宅中心で過ごした」人が8.1ポイント減少し、「国内旅行」が5.7ポイント増、「海外旅行」、「帰省」は微増という結果となった。「日帰り旅行」は3.3ポイント増加。今年のGWは晴天に恵まれた地域が多かったため、急遽外出をした人も多かったと推測する。昨年よりもさらに旅行する人が増え、とりわけ国内旅行者の増加が顕著に表れる結果となった(表1参照)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング