銀座の中心で1,000万個の星と芳醇な音に包まれて癒される『サウンド・プラネタリウム』~満天の星空の下で味わう、ソニーのハイレゾ音楽体験会~

PR TIMES / 2013年11月1日 12時39分

2013年11月13日(水)~2013年12月15日(日)  東京・銀座 ソニービル 8階 OPUS ※入場無料

東京・銀座 ソニービル 8階 コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)では、「サウンド・プラネタリウム」 ~満天の星空の下で味わう、ソニーのハイレゾ音楽体験会~を、2013年11月13日(水)~12月15日(日)の期間にて開催いたします。



本イベントでは、肉眼では捉えられないほどの星々まで映しだす光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR」で再現された星空の下、ソニーのスピーカーの最上位機種であるリファレンスモデル“Rシリーズ”『SS-AR1』2台とマルチチャンネルインテグレートアンプ『TA-DA5800ES』の音響システムを使用して、国内外の名曲や大ヒット曲をCDを超える高音質のハイレゾリューション・オーディオ音源※1(以下、ハイレゾ音源)で上演いたします。

上演する楽曲は全てハイレゾ音源で、ゴスペラーズの最新アルバム“ハモ騒動~The Gospellers Covers~”に収録されている「ロビンソン」やいきものがかりの最新アルバム“I(アイ)”の「風が吹いている」、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」、マイケル・ジャクソンの「Human Nature」のほか、本イベントのナビゲーターを務めるCharaの最新アルバム“JEWEL”に収録されている「やさしい気持ち(Special Kiss ver.)」、「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」の計6曲。イベント期間を前半と後半にわけて、3曲ずつ楽曲を変更して上映いたします。(URL : http://www.sonybuilding.jp/event/opus/soundopus2013/
Charaのナレーションが、銀座から、ハイレゾ音源がもたらす神秘的なプラネタリウムの旅に観客を誘います。
きらめく宇宙と日本や世界を代表するアーティストたちの柔らかく包まれるような音楽の競演で、ハイレゾ・オーディオの世界を堪能できるプログラムです。

銀座にいることを忘れさせるほどのスケールで展開されるプラネタリウムの世界とともに、ハイレゾ音源による心ゆさぶる音楽体験をお楽しみいただける内容となっております。ぜひ、この機会に、ソニービル8階 OPUSへお立ち寄りください(入場無料)。

※1ハイレゾリューション・オーディオ音源とは、一般にCD(44.1kHz/16bit)、およびDAT(48kHz/16bit)を超える情報量(サンプリング周波数、もしくは、ビット数のいずれかにおいて)を持つ、PCMやDSDフォーマットの音源を指します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング