林農林水産大臣がTHE BEATLESを熱唱!森と人の共存を考えるライブイベント TOKYO FM 「いのちの森 voice of forest」 meets 「ライブ・ドリアード」

PR TIMES / 2013年1月31日 17時50分

2月24日(日)7:30~7:55「いのちの森 voice of forest」 でオンエア

森と生きるライフスタイルを提案しているTOKYO FMの番組『いのちの森voice of forest』(日曜7:30~7:55)では、森林・生態系と人間社会の共存をめざすシンポジウム形式のライブ・イベント「ライブ・ドリアード」とともに、1月25日(金)、番組収録を兼ねたライブ・イベントを実施致しました。



今回のテーマは、“森と田園から始まる新しい日本”。パネルディスカッション+朗読演劇+音楽ライブを通じて、100名を越える参加者とともに、森林の多面的機能・農林業・経済・文化再生について考えました。
この模様は、『いのちの森voice of forest』にて、2月24日(日)7:30~7:55にオンエアいたします。

<森の力をもっと活用しよう>
パネルディスカッションには、林農林水産大臣、末松林野庁林政部長も参加しました。
「日本の森は豊かになっているが、戦後植えた木が伐採期に入っており、間伐などの手入れが行き届いていない。元気な森を育てるために、今は、どんどん木を切って積極的に使っていくことが課題。木材としての使い道だけでなく、森林セラピーや、木質バイオマスなど、新しい可能性を拡げていく必要がある」と語りました。
TOKYO FM『いのちの森voice of forest』のパーソナリティー高橋万里恵は、自身の番組でとりあげている「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」について語りました。東日本大震災で発生した「瓦礫」を、ただ焼却処理するのではなく、瓦礫でマウンド(盛り土)を作り、そこに木を植えて「防潮林」を作る活動で、東北地方の自然植生であるタブノキ、カシ、シイ等を植樹していることを紹介。「その土地本来の木を植えることが、人々の命を守ることにつながると感じている」と語りました。

<林大臣が生演奏!記者会見より緊張した!>
音楽ライブでは、サプライズゲストとして、林農林水産大臣がボーカル&ギター、末松林野庁林政部長がピアノ演奏で参加し、ビートルズの「Let It Be」とチューリップの「青春の影」の2曲を披露しました。 
末松林野庁林政部長が演奏したのは、ビートルズがアビーロード・スタジオで使用した貴重なピアノ「ベヒシュタイン」です。
演奏後、林農林水産大臣は「人前での生演奏は去年の春以来!記者会見より緊張した!」と語りました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング