デルタ航空、ボーイング747-400型機に最初の国際線機内インターネットサービスを導入

PR TIMES / 2014年3月27日 9時34分

本日のロサンゼルス発成田行き便とアトランタ発成田行き便から利用可能に



【米国アトランタ、2014年3月25日/東京、3月26日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、国際線でのWi-Fiインターネットサービスを開始しました。高い帯域幅を持つ(Kuバンド)通信衛星を使用したWi-Fiインターネットサービスは、ボーイング747-400型機に搭載され、本日のロサンゼルス発成田行き283便およびアトランタ発成田行き295便で運航を開始しました。 米国国内線では5年以上前から機内Wi-Fiサービスを提供していますが、国際線のサービスは本日開始となります。

16機あるボーイング747型機のうち3機が、既にインターネット設備の導入を完了しています。同機材で運航される路線は、デトロイト-成田、デトロイト-名古屋、デトロイト-ソウル(仁川)、ニューヨーク(JFK)-成田、ニューヨーク-テルアビブ、成田-マニラ、成田-台北、名古屋-マニラです。

Wi-Fi搭載機をご利用のお客様には、サービス開始を記念して特別料金を提供しています。パーソナルコンピューター用アクセスは1時間14ドルから、携帯電子機器用アクセス1時間8ドルから、フライト中ネットが利用ができるフライトパスは、コンピューター用24ドル95セントから、携帯電子機器用14ドル95セントからご利用いただけます。747-400型機全16機へのWi-Fi 搭載は、夏までに完了する予定です。 

現在、サービス提供社である米Gogo社(ゴーゴー社)と共に、エアバス330型機での最終運用試験を進めており、2015年末までに、すべての長距離国際線用の機材(ボーイング777型機、767型機、747型機、エアバス330型機)および短・中距離用国際線用の機材(ボーイング757型機)、計150機以上にWi-Fi設備の搭載を完了する予定です。国際線用機材150機以上が加わると、デルタ航空便のWi-Fi対応機材は、計1,000機を越えます。
 
国際線でのWi-Fiインターネットサービスは、高い帯域幅を持つ(Kuバンド)通信衛星を使用し、米国内では従来通り地上と飛行機を結ぶ方式(air-to-ground)にてサービスを展開します。 

デルタ航空マーケティング担当上級副社長、ティム・メイプス(Tim Mapes)は次のように述べています。「お客様は機内でも“生産的”でありたいと思っていて、それはアメリカの国境を越えても変わりません。国際線へのインターネットサービス拡大は、カスタマーエクスペリエンス改善のための投資の一環であり、まさにお客様が欲しいと思うサービスを提供するものです。」 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング