エムティーアイが音波を利用した独自のスマホ向け「屋内測位システム」を開発

PR TIMES / 2013年6月14日 11時11分

~GPS電波の届かない屋内や地下でWiFi測位より高精度な位置測定が可能に~

(株)エムティーアイは、数多くのスマートフォンサービスを開発してきたノウハウを駆使し、この度、非可聴域の音波を利用した独自のスマートフォン向け「屋内測位システム」を開発しました。
本システムは、GPS電波の届かない屋内や地下などで、スマートフォン内蔵のマイクを利用して非可聴音を受信することで、誤差約30センチメートルの範囲で現在位置がわかる高精度測位システムです。(特許出願中)
また、本システムのために独自の“マップマッチング技術”※1も開発し、これらに(独)産業技術総合研究所と行動ラボ(株)による“PDR(歩行者自律航法)”※2 の技術を組み合わせ、WiFi測位よりも高精度な位置情報を取得できる「屋内位置測定ソリューション」を共同開発しました。
当社では、本ソリューションの販売を6月より開始し、ショッピングモールやイベント会場など、さまざまな施設やサービスでの商用化を2013年冬までに目指します。



※1 マップマッチング技術 : 携帯端末に内蔵された地図の情報を利用し、計測した緯度・経度情報の誤差を補正する技術
※2 PDR歩行者自律航法) : 携帯端末に内蔵された角速度センサー、加速度センサー、地磁気センサーを利用して歩行者の位置を推定する技術

◆非可聴音による「屋内測位システム」の開発と背景


スマートフォンなどの端末の普及と、GPSやWiFiなどを用いた測位技術の進歩により、位置情報を活用した様々なサービスが登場し、あらゆるシーンで活用されています。

今まで、GPS電波が受信できない屋内や地下での位置測定はWiFiを利用したものが主流でしたが、通常数メートルの誤差が生じるため、階数が混同して表示されやすい吹き抜けがあるビル内や、限られたスペースに数個のブースが並ぶイベント会場で位置表示をさせるには不向きでした。
今回、当社が開発した「屋内測位システム」では、施設内に設置した信号源からの非可聴音をスマートフォンの内蔵マイクで受信するだけで、WiFi測位の精度を大きく上回る30センチメートル程度の誤差の位置測定を可能にしました。施設内での階数認識はもちろんのこと、イベント会場のブース位置や店舗内での商品陳列場所など、狭い範囲の位置測定が可能です。

◆「屋内測位システム」を、高精度の「屋内位置測定ソリューション」として商用化
今回、当社の開発した独自の「屋内測位システム」と“マップマッチング技術”に、産業技術総合研究所 サービス工学研究センターと行動ラボ(株)による“PDR”の技術を組み合わせた、新たな「屋内位置測定ソリューション」を共同開発しました。
各社の技術を組み合わせることで、世界最高レベルの精度を持つ、スマートフォンを利用した屋内用測位を実現、今後商用化を目指していきます。(現在は、Android OSのみ、iOSは2013年度中に対応予定)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング