フリースケール、マルチコアQorIQ LS1プロセッサをベースとする 高信頼・多用途ゲートウェイでIoT革命を推進

PR TIMES / 2014年10月6日 11時1分

フリースケールのARMベースQorIQ LS1021A通信プロセッサにより、 比類のない性能、効率性、信頼性をもつIoTゲートウェイ・アプリケーションを実現

2014年10月6日米国Freescale Semiconductor, Ltd.発表本文の抄訳です。

フリースケール・セミコンダクタ (NYSE:FSL) は本日、高い多用途性と信頼性を備えた「モノのインターネット(IoT)」向けゲートウェイのリファレンス・デザインを発表しました。ビルディング/ホーム・マネジメントやスマート・シティ、ネットワーク対応産業サービスなど、性能と信頼性が重視される幅広いIoTアプリケーションに対応します。

フリースケールの製造パートナー企業であるTechNexionとの協業を通じて設計されたリファレンス・デザインは、受賞歴のあるQorIQ LS1021Aプロセッサをベースとし、実証されたセキュリティ機能、クラス最高の効率性、先進的な仮想化サポート、および豊富な周辺機能をサポートします。LS1021Aプロセッサは、すでに一般向けのサンプル出荷を開始しており、現在注文可能です。
この量産対応リファレンス・デザイン「LS1021A-IoTゲートウェイ」は、機器メーカーの設計サイクルを短縮し、市場投入を早めます。また、比類のない多用途性を備えているため、IoTサービス・プロバイダは、複数の機器を単一かつ低コストの統一アプライアンスに置き換えることができます。

フリースケールのデジタル・ネットワーク部門担当副社長であるタレク・ブスタミは、次のように述べています。「この最新IoTゲートウェイは、フリースケールの包括的な製品ポートフォリオがもたらすメリットをあらためて確認させ、システムレベル・ソリューションを求めるニーズの高まりに応えます。また、LS1021Aプロセッサの高度な仮想化機能とセキュリティ機能により、他のIoTゲートウェイでは実現できないレベルの信頼性が実現します。」

本ゲートウェイの中核を担うのは、QorIQ LS1021A ARMベース・プロセッサです。このプロセッサは、IoTゲートウェイをはじめとして、エンタープライズ・アクセス・ポイントやセキュリティ・アプライアンスなど、エンタープライズ用および民生用ネットワーク・アプリケーションに理想的な製品です。
新しいLayerscapeシステム・アーキテクチャをベースとするLS1021Aプロセッサは、2つの高効率ARM Cortex(R)-A7コアを搭載し、エラー訂正コード(ECC)技術によって信頼性を高めており、3W未満の電力(標準)で比類のない性能を実現します。
TechNexionのCEOであるMarcel van den Heuvel氏は、次のように述べています。「新たな時代を切り開くLS1021A-IoTゲートウェイは、すぐに利用できるプラットフォームを提供し、開発したIoTアプリケーションの迅速な市場投入を可能にします。フリースケールの先進的な半導体製品とTechNexionの製造技術は、勝利が約束された最高のコンビです。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング