9/1(土)「全国登山鉄道‰(パーミル)会」 結成3周年記念 共同キャンペーンを実施します

PR TIMES / 2012年8月24日 13時44分



 富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)では、
9月1日(土)に富士急行線河口湖駅にて「全国登山鉄道‰会」6社合同キャンペーンを
実施いたします。
 『観光地が沿線にあり、かつ登山鉄道としての性格を有している』という点で共通
する箱根登山鉄道、大井川鐵道、叡山電鉄、南海電気鉄道、神戸電鉄、富士急行の6社
によって平成21年に結成された「全国登山鉄道‰(パーミル)会」が9月4日(火)
に“結成3周年”を迎えます。同キャンペーンでは、各社車両の「ピンバッジ」などの
グッズ販売や各社パンフレットの配布などを通じて同会をPRし、相互の旅客誘致を
図ります。
 また、結成以来、毎年恒例となった「‰会ヘッドマーク」掲出車両を今年も各社で
運行。同ヘッドマーク掲出車両の写真を募集し、応募者には抽選で同会の「ロゴマーク
ピンバッジ」(非売品)をプレゼントします。詳細は下記の通りです。

                  記

■6社合同キャンペーンの実施について
 1.開催日時  平成24年9月1日(土)10時から14時まで
 2.開催場所  富士急行線 河口湖駅
 3.開催内容  6社のグッズ販売、各社の沿線紹介パンフレット配布
  ※7月16日に発売を開始した各社車両の「ピンバッジ」も販売します。
  ※グッズ(ピンバッジなど)は数量に限りがあります。売り切れの場合は
   ご容赦ください。

■「‰会ヘッドマーク」の掲出について
 1.掲出期間  平成24年9月1日(土)から10月31日(水)まで
  ※車両運用の都合で掲出期間を変更する場合があります。
 2.掲出車両
  会社名と掲出車両
  箱根登山鉄道株式会社 2000系グレッシャー・エクスプレス塗装
  富士急行株式会社 1000系
  大井川鐵道株式会社 DD20形ディーゼル機関車
  叡山電鉄株式会社 800系
  南海電気鉄道株式会社 こうや花鉄道「天空」
  神戸電鉄株式会社 6000系

  ※車両運用の都合で、掲出車両が変更となる場合があります。
  ※各社でヘッドマークのデザインが多少異なります。
  ※詳細については、各社にお問い合わせください。

■「‰会ヘッドマーク」掲出車両の写真募集について 
 「‰会ヘッドマーク」を掲出した車両の写真を募集します。応募者の中から抽選で
 50人に同会「ロゴマークピンバッジ」(非売品)をプレゼントします。
  また、応募作品の中から各社2点の優秀作品を決定し、パンフレットやポスターに
  使用するほか、キャンペーンなどでパネルにして展示する予定です。

 1.応募要領
 (1)「‰会ヘッドマーク」掲出車両の写真を2L横サイズ(縦12.7cm×
    横17.8cm)にカラープリントして、撮影場所および住所・氏名(フリ
    ガナ)・電話番号・メールアドレスなどを同封のうえ、以下の送付先へ郵送
    でご応募ください。
    【送付先】〒542-8503(住所不要)
         南海電鉄 営業促進部「‰(パーミル)会」係

    ※撮影アングルは自由です。
    ※写真は必ず「横位置」でお願いします。
 (2)応募締切:平成24年11月16日(金)※当日消印有効
 (3)応募作品は「1人2点まで」とし、応募者本人が撮影したものに限ります。
 (4)応募作品は返却しませんのでご了承ください。
 (5)撮影カメラは、アナログ・デジタル不問です。デジタルカメラで撮影する場合
    は、可能な限り高画質モード(1MB以上)で撮影してください。
 (6)応募作品は、他のコンテストなどで未発表のものに限ります。
 (7)立入禁止場所で撮影した写真、および個人や企業などが特定できる写真は、
    選考対象外とします。
    ※列車の運行に影響を及ぼすような危険な場所への立ち入り、および撮影は
     絶対におやめください。

 2.優秀作品について
   全応募作品の中から「優秀作品」(各社2点、計12点)を決定します。
 (1)結果については、優秀作品に選ばれた方のみ直接、電話またはメールで連絡し
    ます(12月上旬予定)。
 (2)優秀作品に選ばれた方には後日、データ・ポジ・ネガフイルムを提出していた
    だきますので、大切に保管してください(データ・ポジ・ネガフイルムは返却
    しません)。
 (3)優秀作品に選ばれた場合、その著作権は‰会に帰属します。
 (4)使用に際して、トリミングなどの加工を行う場合があります。
 (5)パンフレットなどに掲載する際、撮影者の氏名・住所(市町村)などを記載
    する場合があります。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング