ESETセキュリティ ソフトウェア製品 シリーズ 法人向けゲートウェイセキュリティ対策分野に参入 メールセキュリティ製品「ESET Mail Security for Linux」を販売開始

PR TIMES / 2014年5月13日 12時2分

キヤノンMJ IT グループのキヤノンIT ソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、ESET セキュリティ ソフトウェア製品 シリーズの日本市場における新ラインアップである法人向けゲートウェイ製品として、メールセキュリティ製品「ESET Mail Security for Linux」を2014 年5 月28 日(水)より、販売開始します。



■ メールセキュリティ製品「ESET Mail Security for Linux」の概要
「ESET Mail Security for Linux」は、SMTP サーバー上で動作する、ウイルスメールおよび迷惑メール対策のためのソフトウェアです。新種や亜種のウイルスに強いヒューリスティックエンジンを搭載しています。同エンジンを搭載している従来製品は第三者機関からウイルス検出力について高い評価(※1)を受けています。

(※1)
Virus Bulletin の「ウイルス検出率100% AWARD」を業界最多受賞(2014 年2 月時点)
AV-Comparatives の新種・亜種の検出テストにおいて、最高評価の「Advanced+」を業界最多受賞(2013 年8 月時点)


■ 安定稼働と一元管理を実現
● SMTP サーバーの安定稼動を実現する、低負荷設計の検出技術
「ESET Mail Security for Linux」は、メールのセキュリティ対策として「ウイルス対策」と「迷惑メール対策」の2 種類の機能を搭載しています。ESET 社の持つ約20 年間の開発実績と経験に基づいた新種や亜種のウイルスを検出することができる独自開発のヒューリスティックエンジンと、既知のウイルスを検出するウイルス定義データベースを併せて利用する効率的なアプローチに加え、シンプルな構成のプログラムにより、少ないシステムリソース負荷で動作し、SMTP サーバーの安定稼働を実現します。

● クライアント管理プログラム「ESET Remote Administrator」による一元管理
「ESET Remote Administrator」は、各種ログなどの情報収集やリモートからの設定変更などを行うことができます。サーバー・クライアント製品の「ESET Endpoint Protection シリーズ」をご利用のお客様は、「ESET Mail Security for Linux」を含む、ESET を導入済みの端末の一元管理が可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング