進研ゼミ高校講座「攻める宣誓プロジェクト」で、『大学進学振り返り調査』実施 高校生の半数が「夢や目標」を宣言! 宣言をした高校生は大学受験で努力した割合が高い

PR TIMES / 2012年2月7日 15時56分



株式会社ベネッセコーポレーション(社長:福島 保 本社:岡山市)の高校生向け通信講座「進研ゼミ高校講座」では、夢や目標に向けてチャレンジする高校生を応援するために、「攻める宣誓プロジェクト」を実施しています。当プロジェクトでは、高校生の進路選択のプロセスや、夢や目標を持つことの意味を明らかにするために、全国の4年制大学に通う大学生・1,500名を対象にした、インターネット調査を実施しました。

主な調査結果は以下の通りとなります。
1. インターネット利用の増加などによって、進路選択に関する情報量は多くなっています。しかし、「自分の適性」や「つきたい職業」「学びたい専門分野」がわからないという悩みを持つ高校生は、半数を超えています。
2. 一方で、7割を超える高校生が「夢や目標」を持ち、約半数の高校生が、「夢や目標を宣言した」と回答しています。宣言の相手は、母親が8割で、学校の友だちがそれに続きます。父親は5割強となっています。
3. 夢や目標を宣言した高校生は、「自分の適性」に関する悩みが少なく、大学進学に明確な理由を持っています。逆に、宣言をしていない高校生は、「自分の適性」に不安をもち、大学進学についても、「周囲の人がみな行くから」「すぐに社会に出るのが不安だから」といった回答をする割合が高いことがわかります。
4. 夢や目標を宣言した高校生は、受験で努力した割合が高く、大学進学時の満足度が高くなっています。明確な目標設定によるスムーズな進路選択と努力の結果、「満足だった」と感じる割合が高いものと推測されます。

大学全入時代とも言われ、学ぶことへの目標や意欲を持ちにくい状況が生まれています。そうしたなかで、一人でも多くの高校生が目標とする進路の実現に向けて挑戦することを応援するため、「進研ゼミ高校講座」では「攻める宣誓プロジェクト」を実施しています。これまでの4年間で、約6万人の高校生が目標への「攻める宣誓」を行いました。今回、プロジェクトで初めて行った「大学進学振り返り調査」の結果からは、多くの高校生が「自分の適性」がわからずに悩んでいる様子が明らかになりました。
その一方で、夢や目標を宣言した高校生は、進路選択の悩みが少なく、 大学受験に努力をし、進学時の満足度が高い傾向がみられます。もともと適性に関する悩みや迷いが少ないから夢や目標をもてるとも考えられます。しかし、周囲に宣言することで目標をリアルに感じ、具体的な一歩を踏みだすことができるという側面も確かにあります。「進研ゼミ高校講座」では、進学教材や情報の提供を通じて、これからも高校生たちの夢の実現を支援していきたいと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング