1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【「或る列車」が1日限定でカフェになる!?】「或るCafe @博多駅」11月3日開催!!

PR TIMES / 2021年10月4日 19時45分

 2021年11月13日(土)より「或る列車」が新コース【博多~由布院】での運行を開始することを記念して、1日限定でイベントを開催します!普段ご乗車のお客さましか知ることのできない豪華な車内空間で、極上の“食・時・おもてなし”を味わう幻の列車を体感できるイベントにぜひお越しください。



[画像1: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-2893e4d6760c1e6c920c-9.jpg ]


1 開催日時
  2021年11月3日(水・祝)

[表: https://prtimes.jp/data/corp/37933/table/220_1_a04b1adc195bd33248a32675cbb57cca.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-b0a0d8849465493066ed-2.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-7361cf16ce4a52e53e6b-1.png ]




2 開催場所
  博多駅5番のりば停車中の「或る列車」車内
  ※当日の運行状況により「のりば」を変更する場合がございます。



3 ご利用方法
【1号車】※テイクアウト専用
 ・或る列車で提供しているドリンク、焼き菓子をテイクアウトできます。
 ・1日限定でどなたさまでも車内に乗車し購入することができます。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

【2号車】※個室専用(事前予約制)
 ・或る列車で提供しているドリンク、焼き菓子、スイーツ(ミニャルディーズ)を
  個室席にてお楽しみいただけます。
 ・1回のご利用時間は30分間ですので、ご都合の良い時間帯をお選びください。
[画像4: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-45686d6bc94a4accb253-4.png ]

  ※写真はイメージ
[画像5: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-8e9d7eafdc27e324d77d-5.png ]

  ※写真はイメージ


※「或るCafé」をご利用の際は、博多駅入場券(150円)等が必要です。
※【1号車】のお客さまは、車内での飲食はできかねます。
※【2号車】のお客さまは、座席はお選びいただけません。
※【2号車】のお客さまは、ワンオーダー制です。メニューの詳細はチラシをご参照ください。
[画像6: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-9145829e841b4ee9c01c-10.jpg ]



【申込方法】
 2号車ご利用のお客さまはWEBサイトからの事前予約制となります。「JR九州トラベルデスク」で検索し、「新着情報」の当イベント「STORESで予約」をクリックして予約を行ってください。
(以下のURLをご参照ください)
 URL: https://coubic.com/jrkyushu-travel/booking_pages#pageContent

【受付期間】
 2021年10月4日(月)~ 10月26日(火)

【その他】
・イベント開催時は、新型コロナウイルス感染対策を実施して行います。
・「或るCafé」ご参加のお客さまには、ご利用前に検温や体調の確認を行います。なお検温を行った際に、37.5℃以上の発熱や体調のすぐれないなどの症状のあるお客さまは、参加をご遠慮いただきます。
・今後の新型コロナウイルス感染状況や、イベント当日の運行状況によっては、イベントの中止や内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。


【参考】「或る列車」とは

[画像7: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-f5ca660be421d490b2b1-6.png ]

 明治39年(1906年)、当時の「九州鉄道」が米国・ブリル社に発注したものの、「九州鉄道」が国有化されたため、活躍する機会のなかった「九州鉄道ブリル客車」、通称「或る列車」。当時日本で最も豪華な設備を備えていた“幻”の豪華列車です。 鉄道をこよなく愛し、世界的な鉄道模型の神様といわれた故 原 信太朗が作成した模型。これを元に、「原鉄道模型博物館」副館長を務める原健人氏の協力により、水戸岡鋭治+ドーンデザイン研究所がデザイン・設計しました。

[画像8: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-fdca4762ebb0ffae3b90-7.jpg ]



[画像9: https://prtimes.jp/i/37933/220/resize/d37933-220-2893e4d6760c1e6c920c-9.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング