台湾でのコンサルティングサービススタート~サービス領域の拡大。インド・インドネシア・中国に続く、海外4エリア目。~

PR TIMES / 2018年10月10日 12時40分

 
流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫)は、登録スタッフ(メディアクルー)を活用した覆面調査を提供しております。また、中国、インドネシア、インドなどアジア地域を中心とした現地小売企業を対象にコンサルティングサービスを提供しております。今回は、台湾において、弊社コンサルティングサービスを開始させていただきましたので、ご報告させて頂きます。メディアフラッグは、「日本のおもてなしを世界へ」をコンセプトに、当社に蓄積されている日本の流通小売現場の現状やノウハウをアジアに輸出し、新たなマーケットの拡大を行っています。今後も更に中国、インドネシアをはじめとしたアジア地域の企業に対し、コンサルティングサービスを推進して参ります。



[画像: https://prtimes.jp/i/24340/223/resize/d24340-223-343499-0.png ]

               台湾の様子            業務イメージ
◆ 海外における業務可能領域の拡大
 今回のコンサルティングサービス開始の経緯としては、過去にも台湾でのプロジェクトを複数回重ねており、その中で、台湾エリアの市場理解、および現地で連携可能な企業が増えてきた中で、新たに業務領域を拡大するに至りました。弊社としては、台湾以外にも海外現地小売チェーンを中心にコンサルティング業務を展開しております。業務展開を行ってきた、もしくは行っている地域としては、インド、インドネシア、中国が挙げられ、今回の台湾を含めるとアジアを中心に4エリア目となります。海外各地域においても弊社の特徴である、日本の流通小売業のノウハウや現場の課題を捉え、今後の売上拡大を実現するまでの密着したコンサルティングサービスに対するニーズは高まっており、今後も展開する地域の拡大を含め、営業活動を強化して参ります。

◆ 台湾において対応可能なコンサルティングメニュー
 現地チェーンの加盟店フォローに関する業務支援や、経営管理システムの定義などの業務支援等、弊社のこれまで培ってきたノウハウを活用したコンサルティングサービスはもちろん、 コンサルタントが課題の把握、改善策の提示、そして改善策・施策の運用と、その検証までの一連の流れを実際に現地に滞在し実施する、より踏み込んだコンサルティングサービスも可能となっております。これらの支援メニューを組み合わせることで、チェーンにおける商品・サービスレベルの向上と店舗の売上増加、また、チェーンロイヤリティの維持に繋げることができます。

株式会社メディアフラッグ 会社概要
社名   : 株式会社メディアフラッグ (コード番号:6067 東証マザーズ)
事業内容 : 流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。
調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が28万人を超える。
設立   : 2004年2月
資本金  : 351百万円(平成30年6月末時点)
代表者  : 代表取締役社長 福井 康夫
本社所在 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数 : 693名(うち正社員244名)(平成30年6月末現在)
WEBURL : http://www.mediaflag.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング