韓国の未来都市、ソンドに新たなホリデイ・インがオープン

PR TIMES / 2014年9月26日 15時57分

インチョン市の計画開発ハイテク地域中心部に立地

IHG(インターコンチネンタル ホテルズグループ)は本日、韓国のインチョン(仁川)地区で開発が進むハイテク新都市ソンド(松島)の中心部にホリデイ・イン インチョン ソンドをオープンしたと発表しました。
※本ニュースリリースは、2014年9月22日にIHGが発表したニュースリリースの抄訳です。



IHG(インターコンチネンタル ホテルズグループ)は本日、韓国のインチョン(仁川)地区で開発が進むハイテク新都市ソンド(松島)の中心部にホリデイ・イン インチョン ソンドをオープンしたと発表しました。ソンドは、先端テクノロジーとエコロジーをテーマに建設されたソンドは、世界有数のスマートシティの1つとされています。9月19日(金)から10月4日(土)まで元インチョンで開催されている第17回アジア競技大会(2014/仁川)と同時期にオープンし、大会関係者や観客の方々を多数お迎えすることができました。

ホリデイ・イン インチョン ソンドは202の客室を持ち、未来感覚の市街中心部にあるソンド中央公園が眼前に広がる絶好の立地を誇ります。地下鉄中央公園駅に直結しており、インチョン市内への交通利便性だけでなく、韓国最大の空の玄関口である仁川国際空港へもタクシーで20分という近さで、海外からの訪問にも便利です。

ホテル周辺には大型ショッピング・レストラン街のNC CUBEキャナルウォーク(徒歩10分)や、ジャック・ニクラウス・ゴルフクラブ(自動車で5分)など、市内有数の人気スポットが集まっています。仁川経済自由区域庁ビル、ウォルミ(月尾)伝統公園、魚市場で知られるソレポグ(蘇莱浦口)、中華街の観光にも便利なロケーションです。

ホテル19階のフロントロビーからは、西海と仁川大橋の印象的なパノラマ風景がお楽しみいただけます。レストランはバラエティ豊かな3つ(スラッシュ・ダイニング―世界各地の料理が召し上がっていただけるモダンなレストラン、アーツ・デリ―新鮮なサラダ、サンドイッチ、スープなどの軽食を手軽に召し上がっていただけるカフェ、ロビーラウンジ&バーを揃えているほか、テラス席・屋内テーブル席・個室から夕日を堪能していただけるルーフトップバーのタッチスカイがあります。

ホテル2階には、240名収容、320m2 の大宴会場をはじめとして、各種のミーティング、披露宴、イベントなどにご利用いただける5つの会場があります。いずれも自然光をふんだんに採り入れ、ゆったりした控室を備えています。また、韓国伝統の結婚式専用のペベク室もあります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング