BSIジャパン、株式会社鈴木商会に ISO 9001、ISO 14001、ISO 27001の3つのマネジメントシステム 切り替え認証を実施

PR TIMES / 2014年8月6日 16時7分

―審査機関移転の成功事例―



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、株式会社鈴木商会(北海道札幌市 代表取締役社長 駒谷 嘉一)へ ISO 9001(品質マネジメント)、ISO 14001(環境マネジメント)、ISO 27001(情報セキュリティマネジメント)のマネジメントシステム3規格を移転審査(※1)により認証実施いたしました。

 株式会社鈴木商会は、資源再利用という課題を“地球的な課題”として捉え、札幌を拠点として北海道で広く産業廃棄物や家電、自動車部品など様々な資源の処理・リサイクルを手掛ける企業です。
 このたび、構築したマネジメントシステムをより有効で強固なものとするため、BSIジャパンに各マネジメントシステムの認証審査を移転し、成功させました。今回の3規格のBSIジャパンへの移転を通じて、組織のブランド力強化、セキュリティリスク軽減、ステークホルダーからの信頼をより確保することが期待できます。

<株式会社鈴木商会 マネジメント本部長 常務取締役 駒谷 早春 様 からのコメント>

◆ISO 9001, ISO 14001, ISO 27001認証取得の目的

今回は認証機関の移転という形で取得いたしました。ISO 14001に関しては、当社のメイン事業である金属リサイクルと廃棄物処理業に密接なかかわりがある認証であり、当社としても約十年取り組みを続けています。ISO 9001の認証はアルミ二次合金のメーカーとして、品質面での取り組みを執り行っていくための、お客様への約束として取得いたしております。また、近年では情報セキュリティ面でも顧客ニーズが高まっており、特に自動車リサイクル分野やOA機器リサイクルの分野で、お客様へ安心と安全を提供するべく、ISO 27001の取得を行いました。

◆ISO 9001, ISO 14001, ISO 27001の審査機関としてBSIを選んでいただいた理由

BSIを認証機関として選んだのは、“パートナーシップ”をとても大事にしていらっしゃるからです。これまで当社で行ってきたISOの取り組みは、日常的な業務とISOの取り組みが完全にうまく融和できず、業務的に負担になっていましたが、BSIの担当者さんとお話をしていくうちに、色々と力になってもらえるのではないかと感じました。実際にISO 14001更新審査、ISO 9001サーベイランスを行っていただき、今までのISO取り組みより、日常的な業務に沿った形で審査を行ってもらい、現場的な負担が減ると確信できました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング