クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ、 ビジネストラベラーのニーズに最適な次世代の客室を発表

PR TIMES / 2014年11月4日 17時4分

Ÿ 場所と時間を問わないビジネスシーンの成功をサポートする斬新で機能的なデザイン。三角動線のコンセプトを採用した設計。

IHG(インターコンチネンタル ホテルズグループ)のホテルブランド、クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツは、このほど独自に開発した次世代の客室を発表しました。現代のビジネストラベルニーズに基づき、著名な専門家との協力によって誕生した先進的なデザインが特徴です。



IHG(インターコンチネンタル ホテルズグループ)のホテルブランド、クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツは、このほど独自に開発した次世代の客室を発表しました。現代のビジネストラベルニーズに基づき、著名な専門家との協力によって誕生した先進的なデザインが特徴です。

ホテルの客室デザイン、とりわけベッドの形状は、60年前にホリデイ・インのブランドを創設したケモンズ・ウィルソンの時代以来ほとんど変化してきませんでした。今回クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツが発表した次世代の客室は、斜めにラインを取ったユニークなデザインのベッドで、騒音レベルを抑えた心地よい眠りをサポートします。

曜日や昼夜を問わず常にダイナミックにビジネスが動き続ける現代は、出張先でも集中して多くの業務をこなせる環境が求められ、既存の型にはまらない仕事のスタイルも増えています。ビジネスの領域でも「ミレニアル世代」と呼ばれる1980年から1990年代に生まれた人口の割合が増えるに従って、ネットを活用してどこでも仕事ができる環境が一般的になってきました。また、現代のビジネストラベラーは成功のためにエネルギーや活力を効率的に回復する手段にも大きな関心を寄せています。

クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツは、ワークスペースの未来を考える著名な設計コンサルタント2社(フューチャー・アジェンダ、ピアソン・ロイド)とともに2年前から特別プロジェクトを実施、ホテル空間のビジネス利用に関する従来の常識を見直して21世紀のビジネストラベルニーズに応える斬新で機能的な客室をデザインしました。

IHGのチーフ・コマーシャル・オフィサーを務めるキース・バーは、次のように述べています。「IHGでは、お客様を深く理解しそれぞれのニーズに応えるさまざまなブランドを展開しています。クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツでは、昼夜を問わず常にダイナミックな活躍が求められる現代のビジネストラベラーが求めるサービスを、ブランドの基本戦略として重視しています。このほど考案した次世代の客室は、活動と休息のそれぞれが充実する斬新で機能的なデザインになっており、特に質の高い睡眠が取れることが特長です。テストにご協力いただいたお客様の評価も非常に高く、ゆったりくつろげて必要に応じた活動と休息の切り替えがしっかりできるという声をいただいています。クラウンプラザでは、すべてのお客様にホテルの外でも充実した一日を過ごしていただくお手伝いをしたいと考えています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング