テレビ東京 金曜8時のドラマ 7月クールは寺脇康文主演 「ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~」

PR TIMES / 2014年6月1日 9時52分

ちょっと変わり者だけど、監察医としては一流の主人公と 彼に振り回される人々が織りなすヒューマンコメディ。

現代劇としてはGH13年ぶりの連続ドラマとして、去年10月にスタートした「金曜8時のドラマ」枠。「刑事吉永誠一 涙の事件簿」、「三匹のおっさん」、「マルホの女」と放送してきましたが、7月クールは寺脇康文主演で「ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~」を放送いたします。



監察医の仕事は、亡くなった人の死因を究明することです。但し、ドラマでよく見るような、殺人など犯罪性のある遺体は、実は監察医務院では扱わない(大学の法医学教室が担当)等、監察医の仕事については、まだあまり知られていないことがたくさんあります。これはそんな監察医にスポットライトを当てたヒューマンコメディです。

寺脇康文演じる主人公・秋田晋也は、「生きている人間を相手するよりも、死体の方が楽」と言い放ち、他人とのコミュニケーションに少々難ある変わり者です。それでも凡人には思いつかないユニークな着眼点から、隠された死因を読み解き、亡くなった人の最期の想いを拾い上げます。監察医とは、人が生涯の最期にかかる医師、ラストドクターなのです。脚本は、おかしな男が主人公のヒューマンコメディの第一人者、尾崎将也。金曜の夜。肩肘張らずにクスッと笑えて、それでいて最後に少しホロッとする。そんなドラマをお届けします。

○主演 寺脇康文コメント○
「監察医」という独特な世界観、独特な主人公を楽しみながらも、
頼りになる共演の皆さんと力を合わせ、肩の力を抜いて楽しんで頂ける
エンターテイメントを目指して、この夏、突っ走っていきたいと思っています。
応援よろしくお願いします!

○テレビ東京 編成局ドラマ制作部 中川順平 コメント○
金曜8時のドラマ第4弾は「ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~」です。このドラマ見どころは、変わり者の主人公・秋田と、秋田に振り回される新人監察医・薫子(相武紗季)、気ままに見えて実は懐深い院長・柳田(伊東四朗)等、秋田に負けず劣らず個性的かつユニークな監察医務院の人々との掛け合いです。寺脇さん、相武さん、伊東さん始め、戸田恵子さん、渡辺いっけいさん、YOUさん等、芸達者かつ個性豊かな豪華俳優陣によるアンサンブルが、楽しくならないはずがありません!ご期待下さい。。

<ストーリー>
監察医務院に吉崎薫子(相武紗季)が赴任してくる。だがそこは、指導医の秋田晋也(寺脇康文)を筆頭に、院長の柳田(伊東四朗)や補佐の美恵子(戸田恵子)等、個性的な面々ばかり。薫子は先が思いやられる。そんな中、秋田と薫子は、人気モデルの転落遺体を担当することになる。警察は自殺と判断するが、秋田は微妙な点が引っかかり―。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング