クラウドセキュリティ 最新の管理策リストを提供 クラウドコントロールマトリックス(CCM)v3.0.1日本語版のダウンロードを開始

PR TIMES / 2014年11月19日 12時13分

BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下 BSIジャパン)は、クラウド業界のセキュリティ管理基準のためのベストプラクティスを提供するため、最新のクラウドコントロールマトリックス(CCM)バージョン3.0.1の日本語版のダウンロードを開始いたします。

クラウドコンピューティングにおけるセキュリティ管理基準のニーズが日増しに高まっているなか、米国クラウドセキュリティアライアンス(CSA)はクラウドのセキュリティ課題をまとめたガイダンスを作成しました。また、「クラウドコントロールマトリックス(CCM)」ではより実践的なクラウドのセキュリティ管理策をリストアップしています。CCMはクラウドサービスの具体的なセキュリティ管理基準であり、これらを理解し実践することによって、クラウドサービスのセキュリティレベルを可視化することが可能になります。

CCM v3.0.1日本語版では、16のコントロールエリアからなる133の管理策を紹介しています。各管理策は情報セキュリティマネジメントシステム(ISO/IEC 27001:2013)など他のセキュリティ基準の管理策と対応しています。
*CCM v3.0.1日本語版はこちらからダウンロードいただけます。
http://www.bsigroup.com/ja-JP/STAR/

また、BSIジャパンでは、CCMを基準としたクラウドセキュリティトレーニングコースを開催いたします。CCMの解釈から、自社が提供するクラウドサービスに対するセルフアセスメントまでのトータルソリューションを提供します。本コースを受講することで、最新のセキュリティ基準を学習することが出来ます。また自社クラウドサービスのセキュリティレベルを客観的に把握することが可能になりますので、自社のセキュリティ対策に繋げることが出来ます。

「クラウドセキュリティ CCM解釈コース」では、主にCCMの内容を理解することを目的とし、「クラウドセキュリティ CCMセルフアセスメントコース」では、CCMを使ったセルフアセスメントの方法を学びます。これらのコースでは、経験豊富なBSIジャパンのISMS主任審査員が実践的な知識を基に分かりやすく説明いたします。

●クラウドセキュリティトレーニングコース一覧
コース名) CCM解釈コース
時間)    2日間
開催日)  2015年2月12日・13日
受講料(税抜)) 100,000円
場所) BSIジャパン(東京本社)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング