『オリンピックと女子高生』マイナビ新書より7月25日(水)発売 ~日本代表として戦う女子高生を徹底取材 彼女たちの生の声をもとに、その共通点と強さの裏側に迫る

PR TIMES / 2012年7月20日 11時43分



株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区)は、マイナビ新書『オリンピックと女子高生』を7月25日(水)に発売します。

開幕が迫ったロンドンオリンピックには、戦後の日本陸上史上最年少となる16歳という若さで、女子400メートルリレーのメンバーに選ばれた土井杏南選手をはじめ、競泳の大塚美優選手、体操の寺本明日香選手など、女子代表選手156名のうち4競技・計8名の高校生が初出場します。歴史的に見れば、1932年のロサンゼルスオリンピックに初めて11名の日本人女子高生が出場してから今回のロンドンオリンピックまで、12競技で122名の日本人女子高生オリンピック選手が誕生してきました。

日本代表として世界の大舞台に挑む彼女たちは、まだ10代ながらも大きな目標を持ち、オリンピック出場という夢を実現させています。本書では、ロンドンオリンピックに挑む女子高生たちへのインタビューに加え、チームメイトやコーチ、友達といった周囲の人々、また、過去の女子高生オリンピック選手たちにも徹底取材を行いました。彼女たちの生の声や、その日常を紐解くことで、女子高生オリンピック選手たちの共通点や強さの裏側に迫ります。


<著者プロフィール>
門脇正法(かどわき・まさのり)
1967年生まれ。埼玉県出身。明治大学文学部卒。日本女子体育大学大学院修了。脚本家の小山高生氏からシナリオを学び、マンガ原作者としてデビュー。特にスポーツアスリートの実録マンガの原作を得意とする。現在は原作者だけでなく、「週刊少年ジャンプ」のスポーツ記事特集「ジャンスタ」を中心に、スポーツライターとしてトップアスリートを取材。おもな著書に、『バクマン。勝利学』『少年ジャンプ勝利学』(集英社インターナショナル)などがある。

須賀和(すが・やまと)
1980年生まれ。埼玉県出身。埼玉県立浦和高校卒。門脇正法氏からスポーツの取材・ライティングなどの指導を受け、スポーツライターとしてデビュー。スポーツアスリートを中心に、インタビューをもとにしたドキュメンタリーを手がけるように。現在は「人に良い影響を与える」ことをモットーに、さまざまなイベントの運営にも幅広く携わっている。著書に、『レジェンド・オブ・プレジャー エピソード1』(プレジール出版)がある。


----------------------------------
■書名: 『オリンピックと女子高生』
■著者: 門脇正法、須賀和
■定価: 872円(税込)
■体裁: 新書判 208ページ
■ISBN: 978-4-8399-4356-1
■発売日: 7月25日(水)発売
----------------------------------

※マイナビの書籍はこちら:『マイナビBOOKS』http://book.mynavi.jp


【本件およびご取材に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 広報部
TEL.03-6267-4155
FAX.03-6267-4050
e-mail:koho@mynavi.jp



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング