【プレスリリース】推定市場規模1290億円、転職者の3人に1人が行っている !? トリップアドバイザーが「転職旅行」の実態を発表

PR TIMES / 2014年7月17日 11時29分

~ 「卒業旅行」「新婚旅行」と並ぶ隠れた人生の節目旅「転職旅行」を、ポータルサイトで応援 ~

世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor(R)」の日本法人トリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 原田静織、http://www.tripadvisor.jp/)は、すでに多くの人が行っていながら、これまであまり話題にされていなかった人生の節目旅のひとつ「転職旅行」の実態を調査し、その結果をまとめました。また、より多くの人が転職の機会に旅をすることで、心と体をリセットし、新たな職場でさらなる活躍をできるよう「転職旅行」のメリットやおすすめの行き先などをまとめたポータルサイト(http://www.tripadvisor.jp/TripNews-a_ctr.JC)を 開設しました。



======================================
【調査概要と結果】
調査概要
■ 調査対象者:全国の世帯年収400万円以上の25歳~54歳の男女1000人
■ 調査時期:2014年4月25日~27日
■ 調査手法:インターネット調査

主な結果
■ 調査対象者の61%が転職経験あり。経験者のうち、転職を1回した人は32%、2回した人は23%、3回した人は16%、4回以上した人は29%
■ 転職経験者の35%が、前職から次の職場勤務までの休暇期間に宿泊を含む「転職旅行」を経験
■「転職旅行」の平均泊数は4.8泊 、1人当たりの旅行費用は12万2000円
■「転職旅行」の目的は「リフレッシュ」が最も多く、次いで「自分へのご褒美」「非日常を味わう」
■「転職旅行」に行った人の99%が「行ってよかった」と回答
■ もし今後転職の機会があれば、全体の55%が「転職旅行」に行きたいと回答
■「転職旅行」の市場規模は年間1290億円。新婚旅行、卒業旅行と並ぶ人生の節目旅として定着
======================================

調査結果によると、転職経験者のうち35%と、かなり多くの人が前職から次の職場勤務の休暇期間に宿泊を含む「転職旅行」に行ったことがあると回答しました。総務省統計局の労働力調査によると、2013年の年間転職者数は286万人に上っています。転職経験者のうち35%が転職の合間に旅行をしているとすると年間およそ100万人もの人が転職に伴い旅行をしているということになります。「転職旅行」という呼び名こそ未だ普及していないものの、転職の合間の旅行は、すでに定着している人生の節目旅の一つであると言えます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング