1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

不動産会社の審査及びペナルティ制度の運用報告

PR TIMES / 2021年7月9日 18時45分

2021年1~6月期 違反内容とペナルティを課した事例を紹介

国内最大の不動産投資サイト「楽待」( https://www.rakumachi.jp)を運営する株式会社ファーストロジック(本社:東京都千代田区、東証一部上場、証券コード:6037)は、同サイトにおける「不動産会社の審査」及び「ペナルティ制度」2021年1~6月期の運用結果を公表いたします。上半期の運用結果は、審査による取引停止件数が5件、ペナルティ制度による取締件数が5件の計10件となりました。



[画像: https://prtimes.jp/i/1240/374/resize/d1240-374-eba0917ae55ca844aa72-0.png ]

楽待サイト上に掲げる『安心して「楽待」をご利用頂くための取組み』の通り、契約締結前だけでなく加盟後も定期的に審査を続け、問題があると判断した場合にはお取引をお断りさせて頂きます。ビジョンである「公正な不動産投資市場を創造する」を実現するための取組を今後も行ってまいります。

■取引停止事例の詳細
・高利回りを謳う誇大広告を掲載したとして、東京都の企業A社との取引を停止いたしました
・ユーザーから複数のトラブル事例が報告された東京都の不動産会社Bについて、厳正な調査を行った結果、取引を停止いたしました
・加盟後の定期チェックで、広島県の不動産会社Cの宅地建物取引業免許が取り消しになっていたことが発覚。同社との取引を停止いたしました

■「不動産会社の審査」及び「ペナルティ制度」について
楽待では「公正な不動産投資市場を創造する」というビジョンのもと、公正な不動産取引ができるよう「不動産会社の審査」及び「ペナルティ制度」を設けております。

専門部署による契約締結前の審査に加え、当社サイトに登録した後も定期的にチェックを行い、問題があると判断した場合には取引停止措置をとります。また、不動産公正取引協議会連合会による「不動産の表示に関する公正競争規約」に基づき、物件掲載に関するルールを定めています。ルールに違反した場合は「ペナルティ制度」のもと、サイトの利用停止や退会の措置をとります。

2020年9月からは不動産会社と顧客が相互に評価できる機能をリリースしました。これにより、不適切な利用者をなくすための情報収集をさらに強化しています。

【会社概要】
社名:株式会社ファーストロジック
URL: https://www.firstlogic.co.jp/
上場市場:東証1部(証券コード:6037)
本社:東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー33階
設立:2005年8月23日
事業内容:国内最大の不動産投資サイト「楽待」の運営

*『使いやすさNo.1』:ゴメス・コンサルティング調べ(2019年6月)
『利用者数No.1』:自社調べ(2019年4月)
『物件数No.1』:日本マーケティングリサーチ機構調べ(2020年10月)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング