WindowsPhone7向けシューティングゲーム「DODONPACHI MAXIMUM」10月26日(金)よりアップデートデータ配信開始

PR TIMES / 2012年10月25日 18時19分



株式会社ケイブ(本社:東京都新宿区、JASDAQ コード:3760)は、Windows(R) Phone7向けシューティングゲーム「DODONPACHI MAXIMUM」のアップデートデータを10月26日(金)から配信開始いたします。

■スマートフォンでも本格的な弾幕体験! 「DODONPACHI MAXIMUM」
「DODONPACHI MAXIMUM」は、2012年3月7日より配信が開始された、スマートフォンでも本格的な弾幕体験を味わうことのできる、本格弾幕シューティングゲームです。
プレイヤーは、兵器開発企業「EVAC INDUSTRY」(*)が開発した弾幕シミュレーターMBS(MAXIMUM BULLET SIMULATOR)に乗り込み、スクリーンに再現されたEVAC社の兵器に挑みます。
ケイブのシューティングゲーム「怒首領蜂大往生」「怒首領蜂大復活」などの自機や敵が、多数登場することも、魅力のひとつです。
(*)ケイブのシューティングゲーム「ケツイ~絆地獄たち~」に登場する企業

■既にご購入されているお客様には『もっと楽しい弾幕体験』を!ご購入を迷われている方には『手に入れやすい弾幕体験』を!一人でも多くの方に楽しんでいただけるために。
既に「DODONPACHI MAXIMUM」ご購入されているお客様は、本アップデートを無料で行うことができます。さらに、ご購入を迷われている方が手に入れやすくなるよう、アップデートと同時に販売価格を435円から265円へと大幅に値下げいたします。
■本アップデートにおける大きな特徴
・初心者でも遊びやすく再調整されたEASYモードを搭載!
『敵を減らす』『敵弾を減らす』といった簡易的なものではなく、弾幕シューティングゲーム本来の「弾避け」や「敵機破壊」の楽しさを損なうことなく、初心者でも遊びやすく調整されたEASYモードを搭載し、さらに専用のシナリオ・エンディングも追加いたしました。

・『指一本でも遊べる』から『指一本で遊べる』へ さらにシンプルな操作性を実現!
これまでは、指二本で画面をタップすることでのみ発射することのできたレーザーボムが、画面をダブルタップすることでも発射できるよう、操作方法を変更できる機能を追加しました。
この機能追加により、指一本で遊べる“怒”本格シューティングゲームに生まれ変わりました。

・これまで遊んでいただいているプレイヤーのみなさまにも、もっと楽しいを!
お客様からのご要望やご意見を取り入れ、さまざまな部分の調整を施しました。被弾時に端末が振動する機能や、ボイスの追加など、これまで遊んでいただいているプレイヤーのみなさまにも、さらに楽しんでいただけるようになっております。違った感覚に生まれ変わったステージを駆け巡ってみてください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング