8月7日「RED NOSE DAY」に延べおよそ500人が参加 こどもたちの明るい未来のために日本クリニクラウン協会へ寄付

PR TIMES / 2018年8月9日 13時1分

保険ショップ『保険クリニック』(全国181店舗 2018年8月現在)を展開し、総合保険コンサルティングサービスを行う株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本竜二)は、こどもたちの明るい未来を支援する社会貢献活動の一環として、日本クリニクラウン協会主催「RED NOSE DAY(レッドノーズデ―)」に参加しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/1256/442/resize/d1256-442-358705-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/1256/442/resize/d1256-442-682117-0.jpg ]


■活動概要
『保険クリニック』FC(フランチャイズ)店経営層の皆様、保険会社の皆様、当社社員の延べおよそ500人で「RED NOSE(赤い鼻)」を付け、8月7日(鼻の日)の「レッドノーズデー」のイベントに参加しました。「赤い鼻」の購入費用の一部は日本クリニクラウン協会へ寄付され、入院中の子どもたちへ笑顔を届ける活動の支援になります。
当社は「子どもたちの明るい未来」をグランドテーマとして、これまでも日本クリニクラウン協会への寄付を通じた子どもたちの支援活動を実施してきました。今後も未来ある子どもたちの笑顔につながる活動に取り組んでまいります。(参考: https://www.irrc.co.jp/pdf/press438.pdf

■保険クリニックについて
『保険クリニック』は、専門のコンサルタントが、当社独自開発の保険分析・検索システム『保険IQ システム』を使用し保険の分析をすることで、お客様一人ひとりのご要望に合わせた最適な保険プランのご案内を行っています。特定の保険会社に偏らない立場でのコンサルティングに定評があり、全国に181店舗(2018年8月現在)を展開する保険ショップです。

■日本クリニクラウン協会について
認定NPO 法人 日本クリニクラウン協会は、クリニクラウン(臨床道化師)を小児病棟に派遣し、入院している子どもたちが、子ども本来の生きる力を取り戻し、笑顔になれる環境をつくるために活動している協会です。
日本で唯一クリ二クラウンの養成、認定、派遣、啓発活動を行う組織として活動を行なっています。
クリニクラウンとは「病院」を意味する「クリニック」と「道化師」を意味する「クラウン」を合わせた造語です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング