1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「未来をひらく窓―Gaudi Meets 3D Printing」展示概要を公開!隈研吾や藤本壮介らが“未来の窓”を語るインタビュー映像などを特設サイトで一部先行公開

PR TIMES / 2021年9月14日 19時15分

ガウディ建築やクリエイターらとの共創により、3Dプリンティング技術でつくる窓のプロトタイプ3種を10月15日から東京ミッドタウンにて展示

 YKK APは、建築家アントニ・ガウディの窓に着想を得て、ガウディ建築群の協力のもと、クリエイターや大学、企業と共創し、自然環境と呼応する様々な機能や造形を持つ、最新3Dプリンティング技術でつくる新しい窓のプロトタイプデザインを2021年10月15日(金)から11月3日(水・祝)まで、東京ミッドタウンにて一般展示します。



 YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、世界的に著名な建築家アントニ・ガウディの自由形状の窓に着想を得て、世界遺産「カサ・バトリョ」や「カサ・ミラ」などのガウディ建築の協力のもと、クリエイターや大学、企業と共創し、自然環境と呼応する様々な機能や造形を持つ、最新3Dプリンティング技術でつくる新しい窓のプロトタイプデザインを2021年10月15日(金)から11月3日(水・祝)まで、東京ミッドタウンにて一般展示します(※)。
[画像1: https://prtimes.jp/i/6735/473/resize/d6735-473-e0d19526852ee231a97a-0.jpg ]

 本展では、複数の3D技術を用いて共創した、光をテーマにした「太陽と月の窓」、風をテーマにした「風が巡る窓」、音をテーマにした「音の窓」の3種類の窓のプロトタイプデザインや、実物が3mを超える特徴的な「カサ・バトリョ」の窓の3Dスキャンによる縮小再現などを展示し、未来の窓・開口部の提案を行います。そのほか、隈研吾氏、藤本壮介氏、クライン ダイサム アーキテクツ、大西麻貴氏(o+h)、秋吉浩気氏(VUILD)が未来の窓やそれぞれのガウディ観を語る建築家インタビュー映像や、東京2020オリンピック表彰台3Dプリント設計統括者・田中浩也氏(慶應義塾大学教授)が解説する3Dプリンティング技術の全体像やこれからの可能性について紹介します。
 展示に先立ち、9月14日(火)より特設サイトとInstagramでは、3Dプリンティング技術についての田中氏の解説や、著名建築家が“未来の窓”を語るインタビュー映像に加え、本展示にまつわる窓コンテンツを先行公開しています。著名建築家によるインタビュー映像は、特設サイトでしか見ることのできない特別バージョンとなります。ぜひフォローやいいね、ページシェアやハッシュタグ「#未来をひらく窓」「#windowonthefuture」でご参加ください。
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/6735/table/473_1_67d6a31ccbff48b0331a195e2c28e1a8.jpg ]


※本展は、最先端3Dプリンティング技術を用いた窓の研究開発に向けた産学共創プロジェクトの一環として取り組むものです。


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/6735/table/473_2_0fa4a59d0604d0ff8b871c56c6cf6164.jpg ]



【展示概要詳細】
ガウディの窓に着想を得て、3Dプリンティング技術でつくる未来窓のプロトタイプデザインを3種展示
人と自然が呼応する自由形状の“未来窓”

[画像2: https://prtimes.jp/i/6735/473/resize/d6735-473-bb5344e6376032dd106b-1.jpg ]

世界遺産に登録されたガウディ建築「カサ・バトリョ」や「カサ・ミラ」などによる全面協力のもと、YKK APとガウディ研究者の東京工芸大学准教授・山村健氏が取り組んできたガウディの窓・開口部の研究を出発点に、本展クリエイティブディレクターの鈴木啓太氏は、ガウディの建築思想や多様な素材・造形の窓に着想を得て、自然の光、風、音という要素を導き出しました。本展では、複数の最先端3Dプリンティング技術を用いて、素材、構造、機能、意匠の面から検討を続け、光をテーマにした「太陽と月の窓」、風をテーマにした「風が巡る窓」、音をテーマにした「音の窓」という3種類の窓のプロトタイプデザインを提案。3D技術を駆使し鈴木氏がデザインした自由形状の美しい窓の数々が東京ミッドタウンに一堂に会します。

YKK APによるガウディの窓研究を一部公開。世界遺産建築「カサ・バトリョ」の窓を3D技術で縮小再現
3D技術活用により建築の保存修復・再生の未来を提案

[画像3: https://prtimes.jp/i/6735/473/resize/d6735-473-9140bdf8cdc2d4b32592-2.jpg ]

ガウディ建築群の特別協力のもと、YKK APが山村氏と取り組んできたガウディの窓・開口部の研究の一部を公開します。特に、最新3D技術を用いた、実物が3mを超える「カサ・バトリョ」の特徴的な窓の縮小再現は必見です。デジタル技術の活用により、国やジャンルを超えて、YKK AP、カサ・バトリョ、東京工芸大学山村健研究室、早稲田大学石田航星研究室、前田建設工業ICI総合センター、PRODUCT DESIGN CENTERのコラボレーションによる産学共創プロジェクトとして実現します。

ガウディの窓と3Dプリンティング技術についてわかりやすく紹介
東京2020オリンピック表彰台3Dプリント設計統括者・田中浩也(慶応義塾大学教授)が解説する
3Dプリンティング技術の全体像や本展の位置づけを紹介 <特設サイトで先行公開中>

[画像4: https://prtimes.jp/i/6735/473/resize/d6735-473-bb203bf4844eecacb72a-3.jpg ]

3Dプリンティングの概要、歴史、建築との関係性など、3Dプリンティングを取り巻く技術の全体像や本展の位置づけを解説するのは、東京2020オリンピック表彰台3Dプリント設計統括者として知られる慶應義塾大学教授・田中浩也氏。3Dプリンティング技術の活用の可能性とガウディのものづくり精神の類似性にも触れながら、3Dプリンティングについて初めて知る人にもわかりやすく紹介します。

著名建築家が“未来の窓”を語るインタビューや、共創プロセス映像などを公開
隈研吾、藤本壮介、クライン ダイサム アーキテクツ、秋吉浩気(VUILD)、大西麻貴(o+h)が
“語り、描く”それぞれの考える“未来の窓” <特設サイトで先行公開中>

[画像5: https://prtimes.jp/i/6735/473/resize/d6735-473-e52e4019c58a3848da35-4.jpg ]

3Dプリンティング技術の活用で、素材、構造、機能、デザインなど、窓がより自由につくれる未来がきたらどんな窓をデザインするか、最前線で活躍する建築家とともに“未来の窓”を考えるため、隈研吾氏、藤本壮介氏、クライン ダイサム アーキテクツ、大西麻貴氏、秋吉浩気氏に、ガウディ観や未来の窓・開口部についてのインタビューを実施。それぞれが考える“未来の窓”を描く貴重なフリードローイング映像も公開します。

また、本展の共創プロセスをクリエイティブディレクター鈴木氏が紹介する映像も10月15日より公開予定です。


[表3: https://prtimes.jp/data/corp/6735/table/473_3_5717a7a86694c468ce931477730bac6e.jpg ]



<関連リリース> 2021年7月1日配信
もしガウディが現代の最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら…
「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」
https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=6735&release_id=458&owner=1

<お客様からのお問い合わせ先>
YKK AP株式会社 お客様相談室
一般のお客様
TEL:0120-20-4134
建築・設計関係者様
TEL:0120-72-4134
https://www.ykkap.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング