JCBのQR・バーコード決済スキーム「Smart Code(TM)」が3月1日(月)より青山商事各店舗で利用可能に

PR TIMES / 2021年3月1日 17時15分

株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川一郎、以下 JCB)は、2021年3月1日(月)より、QR・バーコード決済スキーム「Smart Code」が、青山商事株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役社長:青山理)の運営する「洋服の青山」「THE SUIT COMPANY」「UNIVERSAL LANGUAGE」の一部テナント店舗を除く全801店舗(※1)で取扱い開始となることをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11361/503/resize/d11361-503-988926-0.png ]

既にご利用いただける決済手段に加えて、Smart Code に対応しているコード決済サービス「atone」「ANA Pay」「EPOSPay」「ギフティプレモPlus」「銀行Pay(ゆうちょPay、はまPay、YOKA!Pay、OKI Pay、ほくほくPay、こいPay等)」「K PLUS」「FamiPay」「pring」がご利用いただけます(※2)。また、今後Smart Code を導入するコード決済サービスも、ご利用いただけるようになります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11361/503/resize/d11361-503-993311-1.png ]

■Smart Codeとは
JCBがQR・バーコード決済事業者(以下、事業者)と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や加盟店契約の一本化を行い、事業者や店舗の負荷軽減、また消費者にとって安全・安心な決済を実現する決済スキームです。

<事業者側の対応メリット>
・各店舗との契約締結やシステム開発無しに、全Smart Code加盟店でのQR・バーコード決済(以下、コード決済)の取扱いが可能に
<店舗側の取扱いメリット>
・Smart Codeに対応する全コード決済サービスの取扱いが可能に
(対応事業者が増えた場合も、店舗側での端末のシステム改修や煩雑な手続きをせず、新たなコード決済の取扱いが可能)
・コード決済事業者と店舗間の加盟店契約締結や決済処理、精算をJCBが一本化
・海外のコード決済を取扱い開始する際に必要なシステム対応負荷を軽減

Smart Code の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.smart-code.jp/about/

おかげさまでJCBは創立60周年を迎えました。これからも、「おもてなしの心」「きめ細かな心づかい」でお客様一人ひとりのご期待に応えていきます。そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、お客様にとっての世界にひとつを目指し続けます。


※1、2:2021年2月末時点

プレスリリースPDF版はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20210226-9197.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング