【ミスタードーナツ】50周年アンバサダーとして“菅田将暉さん”を起用!9月4日(金)から菅田将暉さんがミスタードーナツのロゴマークに扮したスペシャルテイクアウトボックスが数量限定で登場!

PR TIMES / 2020年9月3日 14時15分

さらに、ミスタードーナツの思い出を投稿しよう!ミスドの思いドキャンペーンも実施決定!

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が運営するミスタードーナツは、50周年アンバサダーとして“菅田将暉さん”を起用し、9月よりさらに事業創業50周年を盛り上げてまいります。



ミスタードーナツは2020年1月で事業創業50周年を迎えました。4月より“ドを超える”をキーワードに、misdo meets 祇園辻利 Toshi Yoroizukaやmisdo meets MOCHICREAMなど今までになかったドーナツや、原田治さんのイラストを施したエコバックなど様々な、ドを超えた商品・グッズを展開しました。
2020年9月より事業創業50周年をさらに盛り上げるために、この度、ミスタードーナツ50周年アンバサダーとしてミスタードーナツ第1号店がある箕面出身で、ご自身もさまざまなチャレンジをされており、ミスタードーナツを超えるというコンセプトにふさわしい、ドを超える存在“菅田将暉さん”を起用します。そして今回50周年記念として、9月4日(金)より数量限定で、50周年アンバサダー“菅田将暉さん”がミスタードーナツのロゴマークに扮したスペシャルテイクアウトボックス(ドーナツ持ち帰り用ボックス)をご用意。ドーナツはこちらに箱詰めしてお持ち帰りいただきます。
さらに、事業創業50周年記念のキャンペーンとして、全国のお客様にミスタードーナツの思い出を投稿していただく、ミスドの思いドキャンペーンも実施いたします。キャンペーンの詳細は下記をご参照ください。
さらなるミスタードーナツ事業創業50周年の展開にご期待ください。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5720/540/resize/d5720-540-827514-2.jpg ]

― 数量限定スペシャルテイクアウトボックス ―
※写真はイメージです。 ※ボックスはなくなり次第終了です。

ダースボックス(10~12個)

[画像2: https://prtimes.jp/i/5720/540/resize/d5720-540-219580-0.jpg ]

ハーフボックス(5~9個)

[画像3: https://prtimes.jp/i/5720/540/resize/d5720-540-236490-1.jpg ]

菅田将暉(すだ・まさき)さんプロフィール
1993年2月21日生まれ、大阪府出身。2009年「仮面ライダーW」でデビュー。
以降、ドラマ・映画・舞台・ラジオなど幅広く活躍中。
近年の出演作品は、ドラマ「dele」、「3年A組―今から皆さんは、人質ですー」、「MIU404」、映画「あゝ、荒野」、「火花」、「アルキメデスの大戦」、「タロウのバカ」、「糸」など。
待機作品に映画「浅田家!」(2020年10月2日公開予定)、「花束みたいな恋をした」(2021年公開予定)、「キネマの神様」(2021年公開予定)がある。


― ミスドの思いドキャンペーン実施概要 ―
≪実施内容≫
キャンペーン期間中、ミスドにまつわる様々な思い出をTwitterや郵送にて募集。

≪応募方法≫
つぶやき部門(短編)
<Twitterで応募>
ミスタードーナツ公式Twitterアカウント「@misterdonut_jp」をフォロー。ハッシュタグ「#ミスドの思いド」をつけて思い出を投稿。
※連続投稿による応募は原則審査対象外
※投稿最大文字数は指定ハッシュタグを含め140字(1ツイートで収まる範囲)

語る部門(長編)
<Twitterで応募>
ミスタードーナツ公式Twitterアカウント「@misterdonut_jp」をフォロー。noteにアカウント登録し、作品を投稿。Twitterで「#ミスドの思いド」「#語る部門」のハッシュタグを付けてnoteのURLと共にツイート。
<郵送で応募>
1.キャンペーンサイトより専用応募用紙(PDF)を印刷し、必要事項を記入。
2.専用応募用紙に、ミスドの思い出を記入。(様式自由)(イラストのみは不可)
※専用応募用紙の印刷が難しい場合は、「郵便番号・住所、氏名(フリガナ)、生年月日、性別、電話番号、メールアドレス(ない場合は不要)・ペンネーム」をご記入した用紙を必ず同封のうえ、ご応募ください。※応募作品文字数:800文字以内
3.住所宛に切手を貼付し、封書にて郵送。

キャンペーンサイト: https://www.misterdonut.jp/misdo50th/omoido/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング