DSDフォーマットで一発録り&ハイレゾ配信!!サウンド&レコーディング・マガジン主催“Premium Studio Live”第8弾開催

PR TIMES / 2014年12月24日 13時9分

AFRA+滞空時間 with special guest KEN ISHII



インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、2015年1月18日(日)、音楽クリエイターのための専門誌『サウンド&レコーディング・マガジン』 主催によるスタジオ・ライブ・レコーディング・イベント=Premium Studio Live Vol.8を青山・スパイラルホールにて開催します。

サウンド&レコーディング・マガジンが主催するPremium Studio Liveは、1.ミュージシャン同士の共演機会を創出したい 2.ライブという一回性が生み出す音楽の可能性を追求したい 3.それを高音質で録音・配信したいというコンセプトのもとスタートした、ライブ・レコーディング・イベントです。2010年8月に初回となる「大友良英+高田漣」を東京・一口坂スタジオで開催。以降「原田郁子+高木正勝」「大野由美子+zAk+飴屋法水」「マイア・バルー+アート・リンゼイ」「青葉市子+内橋和久 with 小山田圭吾」「Cojok+徳澤青弦カルテット」と回を重ね、現在のDSD/ハイレゾ配信ブームのきっかけを作ったと言っても過言ではありません。2年半のブランクを経て2014年10月に行ったVol.7では、「大野由美子+AZUMA HITOMI+Neat's+Maika Leboutet」という女性4人によるシンセ・カルテットを収録。歌と電子音が織りなす絶妙なアンサンブルが各方面で話題となりました。

今回開催するVol.8では、日本を代表するヒューマン・ビートボクサーAFRAと、インドネシアの青銅楽器ガムランとバイオリンやエレキベースを巧みに組み合わせ独自のグルーブを作り出す“滞空時間”による、Premium Studio Live史上最もダンサブルなパフォーマンスの収録を行います。さらにスペシャル・ゲストとして“テクノ・ゴッド”ことケンイシイも参加。アコースティックからエレクトロニック、そして西洋から東洋まで、時空を超えた祝祭空間を作り上げます。

会場は表参道にあるスパイラルホール。広い空間を存分に使って大きな音響エネルギーを創出し、それをTASCAMのDSDレコーダーDA-3000を使用してあますところなくキャプチャーします。録音を担当するのはOASISの金森祥之氏。Premium Studio Liveのきっかけとなった2010年に東京芸術劇場で行われたコンサート「清水靖晃+渋谷慶一郎」でもPAとDSDレコーディングを行った氏が、どのような空間演出を行い、それを収録するのか注目したいところです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング