【ロフト】防災週間から”防災習慣”へ 書類棚に収納できる災害セットや組み立て不要ヘルメットなど

PR TIMES / 2019年8月23日 13時40分

普段使い・省エネ収納な”コンパクト&ポータブル”



 株式会社ロフトでは、9月1日(日)の「防災の日」に向け、日頃から防災への意識を高めるため、防災用品を集積し展開します。災害時には欠かすことのできない避難グッズや非常食は、いざというときに使用できるよう防災意識を習慣付けることが大事です。会社や自宅の防災用品をコンパクトに収納できるもの、普段使いもできる非常食など、防災用品も進化しています。ロフトでは2018年6月から2019年7月の期間で、「防災用品」は前年を大きくうわまわる約240%(前年売上比)と関心の高さがうかがえます。

■商品例                  
【場所を取らない防災用品】   ※価格はすべて税込
●新商品「DERUCAP(でるキャップ)」(タイカ)・・・各4,212円 


 ポリエチレン製で軽量、組み立て不要で頭の上にのせて押すだけで装着。子供から高齢者まで対応したサイズで、楽に被れる。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18324/582/resize/d18324-582-380425-0.jpg ]


●新商品「災害帰宅セットII」(キングジム)・・・4,320円


 会社の書類棚や引き出しに収納しやすいBOXタイプ。自宅までの帰宅を支援する「災害帰宅セットII」の他、「災害トイレセット 4,860円」や「災害備蓄セットII 5,184円」などシリーズで展開。

[画像2: https://prtimes.jp/i/18324/582/resize/d18324-582-482578-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/18324/582/resize/d18324-582-777967-2.jpg ]


●「マイレット 災害用トイレセットmini-10」(まいにち)・・・1,944円
 抗菌性凝固剤を使用し、素早く固める簡易トイレセット。10年保存可能。10回分。

【普段から使用・持ち歩ける防災用品】
●「携帯おにぎり」(尾西食品)・・・238円 
 賞味期限5年の長期保存食品。お湯または水をいれるだけでにぎらずにおにぎりが出来る。旅行時にもおすすめ。鮭、わかめ、五目おこわなど。
[画像4: https://prtimes.jp/i/18324/582/resize/d18324-582-941969-3.jpg ]


●「IZAMESHI(イザメシ)」シリーズ(杉田エース)
 突然の災害に備えた長期保存食品。豊富なメニューを取りそろえ、普段の食卓やアウトドアでも重宝します。オフィスに備蓄できる「オフィスイザメシセット」シリーズや、ヒジキご飯や五目ご飯などの「ごはん」、煮込みハンバーグや豚汁などの「おかず」、「パン」など約50種類。
●「マグネ充電器」(STAYER)・・・10,584円
 水と付属の塩だけで、スマホ充電、LEDランタン、LED懐中電灯と1台で3役こなす充電器。サイズは高さ20.6×直径8.6センチとコンパクトサイズ。
●「浮かぶリュックサック」(優美社産業)・・・6,264円
 8kgf以上の浮力があり水中で浮かぶ。また、防災頭巾が装着されており、災害時は頭巾を枕や座布団としても使用できる。780gと軽量。※目安体重80kg
[画像5: https://prtimes.jp/i/18324/582/resize/d18324-582-243040-4.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング