山中湖の水陸両用バス、3世代で楽しめるシルバーウィークキャンペーン実施

PR TIMES / 2016年9月14日 11時30分



[画像: http://prtimes.jp/i/1110/597/resize/d1110-597-978872-0.jpg ]

 富士急山梨バス株式会社が山梨県・山中湖で運行している水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」では、敬老の日に合わせ、3世代で楽しめるシルバーウィークキャンペーンを平成28年9月17日(土)~25日(日)の期間実施いたします。

 このキャンペーンは、バスがそのまま湖へダイブするスリルと、アテンダントによるストーリー仕立ての案内が老若男女問わず幅広い世代に好評の水陸両用バスを通して、3世代でコミュニケーションをとる機会を増やしてもらいたいとの思いから実施するもので、期間中は60歳以上の方の乗車料が200円引きになるシニア割引を実施するほか、3世代でご乗車いただいたご家族には乗車前に撮影した記念写真を無料でプレゼントいたします。

 さらに、9月17日(土)・18日(日)・19日(月・祝)の3日間、ご乗車されたお子様に、おじいちゃん・おばあちゃんへ日頃の感謝の気持ちや似顔絵などを自由に描いてプレゼントできるKABAオリジナルエコバックを配布いたします。描くことのできるコーナーも設けていますので、3世代でお越しいただければその場でプレゼントすることもできます。

 詳細につきましては次頁の通りでございます。


<キャンペーン概要>
■実施期間
 平成28年9月17日(土)~25日(日)
■内容
 1.シニア割引
 60歳以上のお客様は乗車料金を200円引き(通常2,200円→割引後2,000円)
 ※当日窓口にてお誕生日が確認できる証明書を提示
 2.家族写真無料プレゼント
 3世代でご乗車いただくご家族限定で、乗車前にスタッフが記念写真を撮影。
 乗車後に写真を無料でプレゼントいたします。(通常1枚1,000円)

<KABAオリジナルエコバッグ配布概要>
■実施日
 平成28年9月17日(土)・18日(日)・19日(月・祝)
■時間
 午前の部 10:00~12:00
 午後の部 13:00~15:00
■場所
 山中湖旭日丘バスターミナル「森の駅」KABA窓口
■対象
 当日「YAMANAKAKO NO KABA」に乗車されるお子様

<水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」について>
 平成23年4月より山中湖にて運行を開始した山梨県初となる水陸両用バス。デザインは、日本を代表する工業デザイナー水戸岡鋭治氏によるもので、水と陸の両方で生活する動物の王者であり、古代エジプトの守り神でもあるカバをイメージしてデザインされています。車輪とスクリューを備えているため、一台で陸から湖上から、世界に誇る富士山と山中湖の自然の素晴らしさを体感していただけます。さらに、アテンダントによるクイズとトークで、富士山と山中湖について楽しく学ぶことができる“アトラクションバス”となっています。
■運 行 日
 毎日運行
■運行回数
 9便/日(夏季・予約状況により増便)
■乗車時間
 約30分 (※陸上走行約10分、湖上走行20分)
■発着場所
 山中湖旭日丘バスターミナル「森の駅」
■アクセス
 高速バス…中央高速バス富士五湖線「山中湖旭日丘」下車すぐ
 電車・路線バス…富士急行線「富士山駅」より路線バスで約30分
 車…東富士五湖道路「山中湖IC」から約10分
■料金
 大人2,200 円、小人1,100 円、幼児400円
■予約方法
 1.富士急コールセンター
 0570-022956 0555-73-8181
 2.当日予約専用ダイヤル
 090-6160-4696
 3.KABAホームページ
  http://www.kaba-bus.com/
■注意事項
 雨天決行。ただし、気象状況等により湖への入水ができない場合があります。
 3歳以下のお子様は、保護者の方の膝上でご乗車頂きます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング