ベネフィット・ワン 『Benefit Station 学トクプラン』 6/17開始/企業の「福利厚生」「健康経営」「教育・研修」をワンストップで提供

PR TIMES / 2019年6月13日 16時40分

~会員限定のポイント「ベネポ」を活用し、福利厚生メニューの利用を促進~

パソナグループの株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石徳生)は、企業の「福利厚生」、「健康経営」、「教育・研修」をワンストップでサポートする新プラン『Benefit Station 学トクプラン』を6月17日(月)より開始いたします。



今年4月に働き方改革関連法が施行され、企業では同一労働同一賃金の実現や生産性の向上に向けて、給与や福利厚生のあり方など人事制度の総合的な見直しが進められています。また、人手不足感の高まりを受け、人材の採用や定着、エンゲージメント向上等を目的に、従業員一人ひとりのライフスタイルや価値観に合わせた働き方が実現できる環境の整備が求められています。
こうした中、企業規模の大小にかかわらず、給与や福利厚生、年金などの様々な“報酬”を分けて考えるのではなく、“トータルな報酬”として捉え直し、人事制度の設計・運用の最適化を目指す「トータル・コンペンセーション」の重要性が高まっています。

そこでこの度、ベネフィット・ワンは、「福利厚生」「健康経営支援」「教育・研修」をワンストップで提供する新プラン『Benefit Station 学トクプラン』を開始いたします。利用企業は、本プランによって企業規模に関わらず、コストメリットを享受しながら、人材の採用や定着、エンゲージメント向上等を実現することができます。

ベネフィット・ワンは、人事マネジメント領域における総合的なサポートを通じて、多様なライフスタイルや価値観に合わせた働き方を実現できる環境づくりに寄与してまいります。

■ 『Benefit Station 学トクプラン』概要
提供開始:
2019年6月17日(月)
対象:
人事制度の設計・運用の最適化を目指す企業 等
料金:
1人あたり1200円(税別)
内容:
「福利厚生」「健康経営支援」「教育・研修」をワンストップで提供

「福利厚生サービス」
・宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービス等、約140万件のサービスを優待価格で提供
・福利厚生メニューに利用できるポイント「ベネポ」※を従業員1人あたり5000P付与。福利厚生メニューの利用促進につなげる
※「ベネポ」とは…ベネフィット・ステーション会員限定で提供するポイントサービス。1P=1円換算で利用可能

「健康経営サポートサービス」
・「健康ポータルサイト機能の追加」
従業員の健康診断結果の経年管理や、健康診断の予約、お薬手帳の内容を確認できるほか、健康に関するコラムやレシピなどの情報を発信
・「健康ポイントプログラム」
経済産業省と日本健康会議が選出する「健康経営優良法人2018(ホワイト 500)」の選出基準に合わせ、従業員が健康促進に関わる取り組みを実施した際にポイントを付与。貯まったポイントを活用して健康関連商品と交換ができる 

「教育・研修サービス」
新入社員向けのビジネスマナーなど基本コンテンツから、MBAレベルの管理職・経営者向けコンテンツまで800講座を、eラーニングでスマートフォンなどからアクセスし学べる

問合わせ:
ベネフィット・ワン 東日本営業部 Tel 03-6870-3900

■ 参考 ベネフィット・ワン 会社概要
ベネフィット・ワンは、10,217団体、会員約761万人(2019年4月時点)に対して、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービス等、約140万件のサービスを優待価格で利用することができる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供しております。
また企業規模の大小や地域に限らず利用できる福利厚生サービスはもとより、人事・総務関連の様々なアウトソーシングサービスをワンストップで提供することで、企業・団体の労働生産性向上や、従業員の働きやすい環境づくりをサポートしています。
会社名:
株式会社ベネフィット・ワン
所在地:
東京都千代田区大手町二丁目6番2号
設立:
1996年3月15日
代表者:
代表取締役社長 白石徳生
事業内容:
福利厚生事業/インセンティブ事業/CRM(Customer Relationship Management)事業/ヘルスケア事業/パーソナル事業/購買・精算代行事業/旅行事業/ペイロール事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング