累計400万部を突破し、日本映画史上初のルーブル美術館ロケで話題となった「万能鑑定士Q」シリーズの 松岡圭祐氏最新作、『ジェームズ・ボンドは来ない』4月2日発売!!

PR TIMES / 2014年4月2日 9時38分

角川書店 ブランドカンパニー

瀬戸内海の映画ロケ誘致活動で少女が奇跡を成し遂げる!?
小さな島の大きな奇跡。知られざる実話にもとづく感動の物語。

私自身がこの「まっ直ぐな島」にいるような
熱い泣きたい誇らしい感情にとらわれました
――本上まなみ氏(女優)




株式会社KADOKAWAより、松岡圭祐氏最新作『ジェームズ・ボンドは来ない』を4月2日に発売いたします。
著者は、デビュー作『催眠』から累計400万部突破の「万能鑑定士Q」シリーズまで多くのベストセラー作品を世に送り出し、さらに5月31日には、綾瀬はるか氏、松坂桃李氏出演で日本映画史上初のルーブル美術館ロケで話題となった『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』の公開を控えているなど、大注目を浴びている作家です。

最新作『ジェームズ・ボンドは来ない』は、香川県・直島を舞台に、世界的な映画のロケ地誘致活動に携わる人々の切磋琢磨する様子がリアルに描かれており、すでにお読み頂いた方々から賞賛の声が多数寄せられています。
皆さんの心の中にもきっとある、純粋に何かを追い求めたり立ち向かったりした経験を呼び覚まし、熱い気持ちになれる本作を、ぜひ、ご高覧ください!!

松岡圭祐スペシャルサイト:http://shoten.kadokawa.co.jp/sp/senrigan/
★作品情報、映画化情報、コミック化情報が満載です!


~本読みのプロ・識者から、絶賛の声続々!!~

★田舎の持つ力は地域の人が築いてこそ本物の夢と変わる。
 そんな地域社会の未来への希望が、この一冊には詰まっている。
 ――金丸弘美氏
 (食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー『実践! 田舎力―小さくても経済が回る5つの方法 』著者)

★地方が抱く淡い期待と現実。その行方はしかし、悲観や絶望ではない。
 再生につながる、もっと別の気づきが待っている――
 たしかな地域再生とは何かを問う一冊。
 ――山下祐介氏
 (首都大学東京准教授 『限界集落の真実―過疎の村は消えるか?』著者)

★松岡圭祐『ジェームズ・ボンドは来ない』は実際に直島に起こった出来事をベースにした、いわゆるノン
 フィクション・ノベルである。
 007が自分の家の前でポーズを付けて映画に出ていたら嬉しいじゃないか。何もできないどうしようもない、
 なんてこと、世の中にはない。知らないから怖くない、だから無茶だってできる。仲間で夢を追うのって、
 ひとりで夢を見るよりずっと楽しい。
 ――東えりか氏(書評家)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング