デジタルハリウッド大学院公開授業「アントレプレナーシップ」ジャーナリストの堀潤氏が語る『オープンジャーナリズムと独立系資本主義の時代~インターネットの新たな可能性~』を開催

PR TIMES / 2013年7月3日 13時26分

デジタルハリウッド大学院では、佐藤大吾客員教授による科目「アントレプレナーシップ」を、特別に一般公開し、7月24日19時より堀潤氏をゲスト講師に招いた公開講座を開催します。
アントレプレナーシップを体現しながら活動に取り組まれている方の事例として、ジャーナリズムの観点からインターネットの新たな可能性についてお話しいただきます。




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、佐藤大吾客員教授による科目「アントレプレナーシップ」を、特別に一般公開、7月24日19時より堀潤氏をゲスト講師に招いた公開講座を開催いたします。

 「アントレプレナーシップ」は、将来的に社内・社外にかかわらず、自らがリーダーとなり、リスクを恐れず勇気を持って新しく事業を起こそうとする姿勢を身につけることを目的とした科目です。自らが実現・達成したいと考える目標のイメージを具体的にしていくとともに、株式会社、NPO法人など、法人格にかかわらずアントレプレナーとして活躍するために必要な力を身につけながら、目標を実現するためのアクションプランを策定していきます。

 今回、7月24日(水)の第6回授業を、元NHKアナウンサーのジャーナリスト・堀潤氏をゲストにお招きし、特別に一般公開することとなりました。まさにアントレプレナーシップを体現しながら活動に取り組まれている方の事例として、ジャーナリズムの観点からインターネットの新たな可能性についてお話しいただきます。

【開催概要】
■日 時:2013年7月24日(水)19:00~20:30
■会 場:デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
    (住所)千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F
■定 員:10名 (左記は「一般参加枠」の人数となります)
■費 用:無料
■主 催:デジタルハリウッド大学大学院

【講演内容】
『オープンジャーナリズムと独立系資本主義の時代 ~インターネットの新たな可能性~』
ゲスト講師:堀潤氏(ジャーナリスト)

・個人が参画できるメディアの可能性について、日本以外の先進各国の事例から紐解く
・個人がイノベーションを興す環境づくりについて
 -今指摘される独立系資本主義とは何か?
 -クラウドファンディングをはじめとしたインターネットとモノづくりの最新事例
 -これまでマーケットや資本、メディアに参画できなかった個人が今、力を持とうとしている現状の可能性と課題について

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング