『KCON 2019 JAPAN』大盛況のうちに閉幕!過去最大規模の来場者数を記録!

PR TIMES / 2019年5月20日 11時40分

3日間で8万8000人動員、5年累積観客25万人突破、10代若年層の観客が2年間で4倍増

韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営するCJ E&M Japan 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:徐賢東〔ソ・ヒョンドン〕)と韓国本社CJ ENM株式会社は、幕張メッセ国際展示場ホールで5月17日(金)、18日(土)、19日(日)の3日間開催した、世界最大級のK-Cultureフェスティバル『KCON 2019 JAPAN』を閉幕いたしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/3711/699/resize/d3711-699-152337-0.jpg ]

   (C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

5月17日(金)~19(日)の3日間、東京幕張メッセで開催された世界最大級のK-Cultureコンベンション「KCON 2019 JAPAN」に歴代最大規模の8万8000人が集まり、日本国内に韓国文化を広げました。2015年以来、日本国内に韓国文化を拡散してきたCJ ENMとMnetは、日本でのKCON開催5周年における成果に基づき、今後も日本での韓流事業に一層力を入れていく予定です。今年は、堅調なチケット販売数と比例するようコンベンションエリアを1ホール拡大し、通信事業者の一つであるKDDIがスポンサーとして参加し、KCON新規スピンオフブランド「KCON GIRLS」ローンチなど、日韓両国の政治、外交、歴史問題から離れ、KCONの底力と韓流人気を立証しました。

■日本の10代の来場割合が、この2年間で4倍に増加
Kライフスタイルにはまった日本女性の心を捕えてはなさない「KCON 2019 JAPAN」2015年から今年で開催5周年を迎えた「KCON 2019 JAPAN」を介して、ビューティー、ファッション、フードなど、様々な韓国文化を体験した日本の観客は25万2500人でした。その中でも「KCON JAPAN」を訪れた10~20の世代は、2016年時点で全体の観客39%だったものの、2018年には69%に増加しており、特に10代の来場者は過去2年間で4倍の規模に成長しました。2018年は、日本の47都道府県の内、島根県と鳥取県を除く45都道府県に住んでいる観客がKCONに参加したと集計されています。

「KCON 2019 JAPAN」の人気は開催前から予想され、「KCON JAPAN」開催5周年を記念し、東京・原宿と大阪・梅田地域に設けられたポップアップストアに人が集まり、SNS上ではKCONを楽しみにしている人々の来店記念ショットが続きました。また、KCONのコンサートに行けなかった観客のために、全国の89館の映画館スクリーンを通してK-POPアーティストたちの公演が見れる「ライブビューイング」を上映し、チケットも早々に売り切れました。

毎日の午前10時から18時まで進行されたコンベンションでは、ビューティー、音楽、フード、ファッションなど様々なK-Cultureをテーマにした236個のコンベンションブースと267個のプログラムで過去最大規模を記録しました。特にKCONで初披露となった「KCON GIRLS」に来場者の関心が集中しました。「KCON GIRLS」は、KCON JAPANで主な観客層である女性層を狙い、人気ジャンルであるK-ビューティーやファッションをテーマにした、K-POPアーティストとコマースが結合されたコンベンションプログラムです。

「KCON GIRLS」ではIZ*ONE、MOMOLANDなど韓国の人気ガールズグループや日本のAKB48メンバー、人気ビューティークリエイターが参加し、最新の韓国ビューティー&ファッションのトレンドやトークショー、ライブパフォーマンスなど多彩なイベントが行われました。すべてのプログラムの様子は、「KCON 2019 JAPAN」のスポンサーであるKDDIのOTTプラットフォームを介して日本現地に生中継されました。IZ*ONEがモデルで活動中のコスメブランド「colorgramTOK」のブースを訪問した後には、現場販売分が即日完売しました。

また、俳優チュウォン、ソ・ガンジュン、ヨ・ジング、コンミョン、イ・ジフン、イ・テファンなど韓流ドラマの話題の俳優たちが登場し、日本のファンをときめかせた「K-DRAMAファンミーティング」や、専門家と一緒にK-POPダンスを学ぶことができる「DANCE ALL DAY」、K-POPの評論家でもあり、韓流ファンにはおなじみの古家正亨の講演など、K-Cultureコンベンションの様々なプログラムが設けられました。 3日間、292人ものアーティストやパネラー、インフルエンサーらがコンベンションに参加しました。

■TWICE、IZ*ONEなど、8万8千人熱狂させた「KCON 2019 JAPAN」
“今後のKCON開催地ごとの韓流特性を考慮し、現地の韓流ファンに最適化された新規事業を推進すること“
TWICE、IZ*ONE、MOMOLAND、MONSTA Xなど日本で人気のアーティストから、日本への進出を夢見るアーティスト28チームは3日間「M COUNTDOWN」のコンサートステージを輝かせました。 1日券と3日券チケットは3月前売りオープンと同時に全席売切れを記録し、日本国内でのK-POPの人気を決定づけました。

KCONを総括するCJ ENMシン・ヒョングァン音楽コンテンツ本部長は“過去5年間、継続的に規模を拡大し、観客のニーズに合わせた「KCON JAPAN」を介して、日本国内での韓流がビューティー、ファッション、食文化など、「日常の韓流」として成長することができた” とし “今年、日本人観客から反響が高かった「KCON GIRLS」の事例から、地元での人気韓流ジャンルを活かしたKCONコンベンションプログラムのブランド化にて、各国での韓流拡大のため引き続き努力していきたい”とコメントしました。

「KCON 2019 JAPAN」の熱気も冷めやらぬ中、6月にはアメリカのNYマンハッタンにある世界的ランドマーク「マディソンスクエアガーデン(Madison Square Garden)」と「ジェイコブK・ジャヴィッツ・コンベンション・センター(Jacob K. Javits Convention Center)」で「KCON 2019 NY」を、8月にはアメリカのLA、9月にはタイのバンコクで、Kライフスタイルが世界の主流文化として位置づくことを目標に北米や東南アジアでも継続して開催予定です。

KCONはCJ ENMが2012年から韓流のグローバル化のために、北米、中南米、中東、ヨーロッパ、アジアなどで91万1000人が訪れた世界最大級のK-Cultureコンベンションイベントです。K-POPコンサートをはじめ、ビューティー、ファッション、フード、ドラマなど韓国最新のライフスタイルコンテンツをお披露目し、今年の累積観客100万人突破を控えております。

■KCONとは■
KCONはCJ ENMが2012年から毎年開催している世界最大級のK-Cultureコンベンションです。華やかなK-POPコンサートをはじめ、ドラマ、映画、ビューティー、ファッション、食べ物など、韓国の様々なライフスタイルコンテンツを海外のファンに披露しつづけています。これまで、北米、アジア、中東、ヨーロッパ、中南米、オセアニアなどで合計91万1000人の観客がKCONを訪れました。日本では2015年に初開催して以来、毎年成長を続けており、昨年は6万8000人の観客を動員、日本の累積観客数は25万2500人に達しました。日本国内で最大級のK-Cultureコンベンションです。

【CS放送 『Mnet』 放送情報 / 動画配信サービス 『Mnet Smart』 配信情報】
「KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN 字幕版」
【字幕なし版】 2019年5月30日(木) 18:00~ 日韓同時放送
【字幕版】 2019年6月27日(木) 23:15~放送
※字幕版は Mnet Smart で VOD 配信予定!

★関連番組★ 「KCON 2019 JAPAN コンベンションガイド SP」
【本放送】 6 月 25 日(火)18:00~18:45
【再放送】 6 月 28 日(金) 5:15~6:00 ほか
これを見れば KCON 2019 JAPAN コンベンションエリアの雰囲気が良くわかる!
コンベンションエリアをまるっと紹介するガイド番組です。 お楽しみに♪

【Mnet チャンネル情報】 http://jp.mnet.com/
韓国 100%エンターテインメントの CS 放送局です。最新 K-POP や話題の韓国ドラマだけでなく、バラエティ番組など、様々なジャンルのコンテンツをお届けしています。 スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能

【Mnet Smart】 http://smart.mnet.com/
日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。 韓国で放送している Mnet Korea と日本で放送している Mnet Japan のリアルタイム視聴ができるほか、番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所 から、好きなだけオンライン視聴できます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング