「AI サミット2013~VOICE~」福島復興のためのアクションプランを地元中学生と立ち上げ!3/1~31、横浜にてエキシビション開催!

PR TIMES / 2013年2月12日 19時41分



以前より、継続して福島をはじめとした震災被災地を支援してきたAI。
 そのAIが、2013年2月8日(金)、福島市内、伊達市内の中学校計8校、約50名の中学生とともに「AIサミット2013~VOICE~」 http://www.ai-voice.com/を開催しました。震災から2年を前に、中学生たちとAIが一緒に復興のためのアクションプランを立ち上げました。

 冒頭、議長を務めたAIは「普段みんなが言いにくいことも、今日は思う存分に言ってもらってスッキリして帰ってください。私もサポートできることがあれば、喜んで協力するのでなんでも言ってください!」と挨拶。
 サミットでは、まず最初に地元福島の各中学校がこれまで行ってきた活動内容を報告。「福島産の農産物への風評被害をなくしたい」「放射線に関する勉強や意識調査をする」「老人や児童への地域のコミュニケーションを活性化する」など、しっかりとした活動にAIも感心するばかり。その後、AIも交え次のアクションプランを熟議。「AIと一緒に放射線セミナーを開いて、県外に正しい情報を伝えたい」「テーマソングを作って地域活性につなげたい」「復興Tシャツを作ってツアーで売りたい」などなど、各校からAIと一緒に行いたい真剣なアクションプランが立案されました。

 この日のサミットを終えて、AIは「みなさんのすばらしいプレゼンに、今日は逆にパワーをもらいました。愛をもって、いいことだと思ったことはどんどん自信を持って元気いっぱいにやっていきましょう!」と参加した中学生のみなさんにエールを送りました。参加者の熱い想いを受け取ったAIは、これからスタッフを交えてアクションプランの実現に向け動き出します。
 
また、次の、具体的なアクションとして、3月1日(金)より31日(日)の期間、横浜で「AIサミット2013~VOICE~」のエキシビションを開催。「AIサミッ」ト開催のきっかけとなった米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」の協力のもと、横浜のショートフィルム専門映画館 「ブリリア ショートショート シアター」( http://www.Brillia-SST.jp/ )にて、今回のサミットで立案された福島の中学生考案のアクションプランを展示します。また、シアターにおいても福島市の吾妻中学校生徒の復興への奮闘を描いたドキュメンタリームービー「STAND UP」をはじめ、「VOICE」=(愛をもって語り合おうよ)をテーマにセレクトされたショートフィルムプログラム(全4作品)が上映されます。
 期間中、3月3日(日)にはAI自身も参加するレセプションも催され、集まった各界からの関係者とアクションプランについて語り合い、協力を広く求めていきます。
 アクションプランの実現に向け、是非みなさまからのご協力、応援もお待ちしております!
この模様は随時「AIサミット」特設ページ http://www.ai-voice.com/ でも紹介していきますので、ぜひご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング